伊藤徳太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤徳太郎

伊藤 徳太郎(いとう とくたろう、1860年11月17日万延元年10月5日[1]) - 1905年明治38年)11月29日[2][3])は、明治時代の政治家実業家大地主衆議院議員(6期)。

経歴[編集]

上総国武射郡小堤村[4]千葉県山武郡大総村横芝町を経て現横芝光町)出身[1]法学および経済学を修め代言人試験に合格する[1]千葉県会議員、郡徴兵参事員、県常置委員、県徴兵参事員、地方衛生会員などを経て[1]1892年(明治25年)2月の第2回衆議院議員総選挙では千葉県第5区から自由党所属で出馬し当選[2]。衆議院議員を通算6期務めた[5][3]。実業界では千葉農工銀行、成田鉄道各取締役[2][3]、東海新報社長などを務めた[1]。1905年(明治38年)11月29日、腸チフスにより死去した[6]

栄典[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 人事興信所 1903, 15頁.
  2. ^ a b c 衆議院、参議院 1962, 36頁.
  3. ^ a b c 上田ほか 2001, 199頁.
  4. ^ 『光芒の人 千葉県人物事典2』239頁。
  5. ^ 衆議院、参議院 編 1962, 36頁.
  6. ^ a b 大植 1935, 965頁.

参考文献[編集]

  • 人事興信所 編 『人事興信録 初版』 人事興信所、1903年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/779810 
  • 大植四郎 編 『国民過去帳 明治之巻』 尚古房、1935年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1262271 
  • 衆議院、参議院 編 『議会制度七十年史 第11』 大蔵省印刷局、1962年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3000139 
  • 石井暉二『光芒の人 千葉県人物事典2(政治編-国会議員)』ぎょうせい、1990年。
  • 上田正昭ほか 監修 『講談社日本人名大辞典』 講談社、2001年。ISBN 4062108496