伊藤儀兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 儀兵衛(いとう ぎへい、1848年6月(嘉永元年5月)- 1923年大正12年)9月20日[1])は、岩手県花巻市出身の商人政治家貴族院議員)。

経歴[編集]

1848年(嘉永元年)、花巻に生まれる。生家は岩手県下一の豪商・豪農で、屋号は笹屋だった。

1881年(明治14年)8月18日 明治天皇の東北御巡幸の際に自宅を行在所として提供。数百円を投じて御休憩所を新築した[2]

1889年(明治23年) 四男の儀七(岡山不衣)を岡山直機の養子とする[3]

1890年(明治23年) 東北本線盛岡駅まで開通して、花巻駅が開業した。当時、地主たちは鉄道をおそれ、駅の敷地を提供する者がいなかったという。その状況で、花巻地方では花巻川口町の沢藤家と並ぶ豪商の主だった儀兵衛は、進んで現在の駅の敷地を無償で提供した。笹屋はその後二度の大火に遭い、また経済事情の変遷もあって打撃を受けて逼塞したが、花巻に尽くした功績は多大なものがあるとされる[4]

また岩手3区の衆議院議員佐藤昌蔵の後援団体「恭敬社」に、大関時五郎や伊藤金次郎、柏葉富次郎らとともに参加し、選挙活動を支えた[5]。佐藤は1890年(明治23年)、1892年(明治25年)と1894年(明治27年)と、三期連続で当選を果たしている。

1897年(明治30年) 花巻の二代目貴族院議員に選出される。1904年 (明治37年)までの任期中に日露戦争に遭遇し、功労により勲四等に叙せられた[6]

1902年(明治35年) 花巻の一日市(ひといち)に郵便取扱所を創設し、花巻郵便局の二代目局長を引受けた。同じ年、盛岡にあった北上運送株式会社の支店を引受け、駅前通りに運送店を開いた。

貴族院議員満期後は、家業を長男の篤次郎に譲り、自分は菊造りと謡曲とに余生を送った。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年、185頁。
  2. ^ 『花巻市制施行記念 花巻町政史稿』
  3. ^ 吉見正信『花巻文学散歩』地方公論社、1983年、p.8
  4. ^ 及川雅義『花巻の歴史 下』図書刊行会、1983年、pp.46-
  5. ^ 『花巻市博物館研究紀要』第7号
  6. ^ 『花巻市制施行記念 花巻町政史稿』