伊東乾 (法学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

伊東 乾(いとう すすむ、1922年5月24日 - 2016年?)は日本法学者慶應義塾大学名誉教授。専門は民事訴訟法。幼稚舎から大学まで慶應義塾に学ぶ。1960年「民事訴訟法研究」で慶大法学博士。慶應義塾大学助教授、教授、1986年定年、名誉教授日本民事訴訟法学会の設立メンバー。

著書[編集]

  • 『民事訴訟法』(慶應通信)1959 
  • 『民事訴訟法研究』(慶應義塾大学法学研究会)1959 のち酒井書店
  • 『民事訴訟法の基礎理論』(日本評論社)1972
  • 『原典による法学の歩み』(講談社)1974
  • 『弁論主義』(学陽書房)1975
  • 『法学の底の底 幸福論、友への手紙』慈学社出版 2006

共編[編集]

  • 『入門法律学辞典』手塚豊共編 泉文堂 1955
  • 『入門法律学辞典』増訂版 手塚豊,新田敏共編 泉文堂 1964
  • 『演習法律学大系 12 演習破産法』斎藤秀夫共編 青林書院新社 1973
  • 『注解非訟事件手続法 借地非訟事件手続規則』三井哲夫共編 青林書院 1986 注解民事手続法
  • 『原典による法学の歩み』編著 信山社出版 1998

記念論文集[編集]

  • 『民事訴訟の理論と実践 伊東乾教授古稀記念論文集』慶応通信 1991
  • 『現時法学の理論と実践 伊東乾教授喜寿記念論文集』慶応義塾大学出版 2000

外部リンク[編集]