伊原敏郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊原 敏郎(いはら としお)、1870年5月24日明治3年4月24日) - 1941年昭和16年)7月26日)は、日本の演劇評論家、劇作家。青々園(せいせいえん)という筆名を使用したため、伊原青々園としても知られる。

来歴[編集]

松江生まれ。第一高等学校中退、1893年二六新報に入社、青々園の名で劇評を書く。坪内逍遥と親しくなる。1896年都新聞に入社した。1900年三木竹二と『歌舞伎』を創刊、さらに『日本演劇史』『近世日本演劇史』『明治演劇史』三部作で1933年朝日文化賞を受賞した。また新聞小説や戯曲『出雲の阿国』を書いた。

著書[編集]

絶版[編集]

  • 『欝金しごき』探偵實話 (金槇堂、1901年)
  • 『自轉車お玉』探偵實話 (金槇堂、1901年)
  • 『新比翼塚 吉原心中』(金槇堂、1900–01年)
  • 『市川團十郎』(エックス倶樂部、1902年)
  • 『強盜士官』探偵實話(金槇堂、1902年)
  • 『爲朝重太郎』實事小説』(駸々堂、1902年)
  • 『三升格子』(金槇堂、1902年)
  • 『日本刀』(駸々堂、1903年)
  • 『後の爲朝』(駸々堂、1902–03年)
  • 『日本演劇史』(早稻田大學出版部、1904年)
  • 『影法師』(春陽堂、1906年)
  • 『戀の闇』(近藤新榮堂、1906年)
  • 『唾玉集』後藤宙外共編(春陽堂、1906年、のち平凡社東洋文庫)
  • 『夫さだめ』(春陽堂、1907年)
  • 『子煩惱 戀の闇續編』(近藤新鋭堂、1907年)
  • 『新朝顏日記 春陽堂、1907年)
  • 『寶息子』(春陽堂、1908年)
  • 『若狹物語』(春陽堂、1908年)
  • 『縁の絲 新講話』(畫報社、1909年)
  • 『出雲の阿國』(同文館、1910年)
  • 『新桂川』(畫報社、1909–11年)
  • 『房州義民傳』(岡村書店、1911年)
  • 『人と人』(新鋭堂、1911–12年)
  • 『迷ひ子』(樋口隆文館、1911年)
  • 『大將の家』(春陽堂、1913年)
  • 『近世日本演劇史』(早稻田大學出版部、1913年)
  • 『火の玉小僧』(大川屋書店、1915年)
  • 『市川團十郎の代々』(市川宗家、1917年)
  • 『後の強盜士官』(大川屋書店、1919年)
  • 『舞臺之團十郎』 安部豊共編(舞臺之團十郎刊行會、1923年)
  • 『白魚河岸』(新作社、1924年)
  • 『現代大衆文學全集』 第25卷、伊原集(平凡社、1929年)
  • 『歌舞伎通』(四六書院、1930年)
  • 『明治演劇史』(早稻田大學出版部、1933年)
  • 『演劇談義 隨筆集』(岡倉書房、1934年)
  • 『團十郎の芝居』(早稻田大學出版部、1934年)
  • 『團菊以後 正・續』(相模書房、1937年)
  • 『伊原集』歌舞伎座劇評集、昭和2年1月〜昭和16年2月(坂上書院、1941年)
  • 『歌舞伎年表』全8卷(岩波書店、1956–63年)

復刻版[編集]

  • 『日本演劇史』近世文芸研究叢書(クレス出版、1996年)
  • 『明治演劇史』近世文芸研究叢書(クレス出版、1996年)
  • 『近世日本演劇史』近世文芸研究叢書(クレス出版、1996年)
  • 『市川団十郎の代々・市川団十郎』近世文芸研究叢書(クレス出版、1997年)