伊勢真一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊勢 真一(いせ しんいち、1949年1月29日[1] - )は、東京都出身のドキュメンタリー映画監督。父親もドキュメンタリー映画監督の伊勢長之助[2]。フィルムを希望者に貸し出す自主上映に力を入れている[3]

少年時代は野球選手を目指していた[2]立教大学法学部卒業後は大工の棟梁のもとに弟子入りするもクビになり、仕事がなくなっていたところ父の伊勢長之助の葬式時に出会った映像関係者によりドキュメンタリー映画の世界へと入った[4]

監督作品[編集]

映画[編集]

  • をどらばをどれ(踊り念仏映画製作委員会、1994)
  • 奈緒ちゃん(奈緒ちゃん製作委員会、1995年)
  • ルーペ カメラマン瀬川順一の眼(1996)
  • 見えない学校(「見えない学校」映画製作委員会、1998)
  • えんとこ(1999)
  • ドキュメンタリーごっこ(2000)
  • みなみ風(2002)
  • 髹漆 (2002、いせFILM)
  • ピグレット(2002、いせFILM)
  • あり~太鼓奏者 林英哲(2004、いせFILM)
  • ありがとう(2006、 映画「ありがとう」製作上映委員会・いせFILM)
  • ゆめみたか(2008、いせFILM)
  • 白い花はなぜ白い(2009)
  • 風のかたち(2009、いせFILM)

出典[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.531
  2. ^ a b 伊勢真一プロフィール
  3. ^ 2009年8月21日付新潟日報 2面 『きょうの人』
  4. ^ 伊勢真一監督

関連項目[編集]

外部リンク[編集]