仲町貞子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

仲町 貞子(なかまち さだこ、1894年3月22日 - 1966年6月16日)は、昭和初年の作家

略歴[編集]

長崎県南高来郡大三東村(現在の島原市)に生まれる。長崎県立長崎高等女学校卒。卒業後まもなく医師と結婚するが、詩人北川冬彦と知り合いともに上京。創作に取り組み1936年小説『梅の花』を出版。その間北川とは別れ文芸評論家井上良雄と結婚。1937年随筆『蓼の花』を出版その後は執筆活動が途絶える。1966年白血病により72歳で死去[1]

著書[編集]

  • 梅の花(1936年、砂子屋書房
  • 蓼の花(1937年、砂子屋書房)

関連図書[編集]

出典[編集]

  1. ^ “古書往来”. 創元社. (2008年12月17日). http://www.sogensha.co.jp/page03/a_rensai/kosho/kosho21.html 2013年1月3日閲覧。