仕事猫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

仕事猫(しごとねこ)は、イラストレーターくまみねによる、をモチーフにしたキャラクター。2018年頃から人気となったインターネット・ミーム現場猫(げんばねこ)を逆輸入したもの。このミームは工事用ヘルメットを被ったが「ヨシ!」と指差呼称をしている姿が基本形である[1]

概要[編集]

「ヨシ!」のポーズ

2016年8月、イラストレーターのくまみねが「夜中科学電話相談」と題した電話をする猫のイラストTwitterに投稿した。このキャラクターは電話猫(でんわねこ) と呼ばれるようになる。

この「電話猫」が一部で話題となりコラージュが作成されるようになったが、その流れの中で「電話猫」の顔に胴体や工事用ヘルメットなどのイラストを加工し繋ぎ合わせたコラージュがふたば☆ちゃんねる[要出典]で作成され[注釈 1]、このコラ画像が後に現場猫(げんばねこ)と呼ばれるようになった。

「現場猫」はpixivなどで2018年の初め頃から人気が出始め、同年8月頃にはTwitterでも人気となり、現場猫のコラ画像が多数投稿されるようになった。この流行を受け、電話猫の作者であるくまみねによって仕事猫(しごとねこ) として逆輸入され、「電話猫」も含む様々なグッズが作成されている[注釈 2][2][3]

2020年10月にはぬいぐるみの生産が発表された。2021年2月の発送が予定されている[4]

コラボレーション[編集]

  • 2020年10月10日から11月30日まで、会津鉄道で、仕事猫と芦ノ牧温泉駅のぴーち施設長とのコラボレーションのヘッドマークが設置された車両が運行されている[6]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 素材とされた画像には著作権パブリックドメインフリーコンテントでないもの、出典不明のものが含まれている。
  2. ^ 著作権の問題から「現場猫」とはヘルメットやポーズが異なる。

出典[編集]

  1. ^ 沓澤真二 (2018年8月23日). “「ヨシ!」と指差確認する“現場猫”がネットで謎の流行 改変コラからリアル猫まで多ジャンルへ派生”. ねとらぼ. 2019年11月23日閲覧。
  2. ^ くまみね (2018年9月20日). “またもや新しいLINEスタンプを申請しています”. Blogger. 2019年11月23日閲覧。
  3. ^ くまみね (2018年12月6日). “あの猫のラバーキーホルダーがカプセルトイになります”. Blogger. 2019年11月23日閲覧。
  4. ^ ヨシ! これで仕事もはかどる!? 仕事猫のPCクッションが発売”. 電撃オンライン. KADOKAWA (2020年10月20日). 2020年10月21日閲覧。
  5. ^ 猫のフリ見て・ご安全に”. 出版事業部の販売サイト 安全衛生図書・用品. 中央労働災害防止協会. 2020年3月6日閲覧。
  6. ^ “「仕事猫」ヘッドマークにゃ ぴーち施設長イメージ、列車に設置へ”. 福島民友新聞. (2020年10月9日). https://www.minyu-net.com/news/news/FM20201009-545053.php 2020年10月21日閲覧。 
  7. ^ 仕事猫×新宿区 ハッシュタグ「#マスクヨシ」キャンペーン”. 新宿区 (2020年12月27日). 2020年12月27日閲覧。
  8. ^ 「マスクヨシ!」仕事猫と新型コロナの予防対策呼びかけ 新宿区がキャンペーン”. ねとらぼ (2020年12月27日). 2020年12月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]