安全第一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本での一般的な掲示例

安全第一(あんぜんだいいち)は、工場や建設現場などの職場において安全を何よりも重要に考えるという意味の標語スローガン)である。

歴史[編集]

安全第一 (safety-first)は、アメリカ合衆国で誕生した標語である。

1900年代初頭、アメリカ国内では不景気のあおりを受け、労働者たちは劣悪な環境の中で危険な業務に従事していた。 結果、多くの労働災害に見舞われていた。

当時、世界有数の規模を誇っていた製鉄会社、USスチールの社長であったエルバート・ヘンリー・ゲーリーは労働者たちの苦しむ姿に心を痛めていた。 熱心なキリスト教徒でもあった彼は人道的見地から、当時の「生産第一、品質第二、安全第三」という会社の経営方針を抜本的に変革し、「安全第一、品質第二、生産第三」としたのである[1][2]

この方針が実行されると、労働災害はたちまち減少した。 品質・生産も上向いた景気の波に乗り、この安全第一という標語はアメリカ全土に、やがて世界中に広まった。

日本において安全第一の標語は工事現場や工場などで掲示されており、目にすることができる。「安全」と「第一」の間に緑十字が配置されることが多く、垂れ幕のほか、作業員のヘルメットや作業車両などに書かれる。

しかし過度な「安全第一」の意識が広がり、作業員が比較的軽度の労働災害に見舞われた際「会社に迷惑がかかるとクビになるかも」や「もう仕事受注できなくなるかも」などの不安から、労働災害の保険に加入していても会社に報告せず、健康保険などの本来使用の異なる対処をしてしまうケースがかなりある。

脚注[編集]

  1. ^ http://news.google.com/newspapers?nid=1893&dat=19270815&id=U_UoAAAAIBAJ&sjid=ItQEAAAAIBAJ&pg=6136,414564 THE SOUTHEAST MISSOURIAN紙(1927年8月15日第5面)に掲載されたElbert Henry Gary氏の訃報には、次のように記されている。Mr. Gary was known as the father of the industrial safety movement and the first large industrial companies to inaugurate "safety-first" campaigns among its employees.
  2. ^ 竹内秀朗 (2001), 現場管理で利益をあげる印刷工場, 日本印刷新聞社, p. 170, ISBN 9784888841177 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]