仏国記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
『仏国記』

仏国記』(ぶっこくき)は、中国東晋代の西域インド求法僧・法顕による旅行記である。1巻。

書名[編集]

隋書』「経籍志」で、『仏国記』という書名によって著録されている。しかし、仏教史書や経録類では、『法顕伝』(『高僧法顕伝』)や『歴遊天竺記伝』という書名を見ることが出来る。

内容[編集]

法顕三蔵は、隆安3年(399年)に長安から求法の旅に出発し、タクラマカン砂漠を経てパミール高原を越え、パンジャブ地方よりガンジス川流域の仏跡を巡礼した。そこで、仏典の中でも戒律に関する原典を捜索した。その後、スリランカセイロン島)に渡り、海路から南洋地方を経由して山東地方の牢山に漂着するまでの旅行記が、本書である。帰着した時は、義熙9年(413年)のことであった。

タクラマカン砂漠を渡った際には「行く道に住む人もなき困難な砂漠を渡るが、その途中の苦しみは比べものもなく、ようやくにしてホータンホータムナ)に着いた」と記している。ホータムナは「崑崙の玉」で有名な南道随一のオアシスの街であったが、法顕は町に着いた際には感激し記録に熱を入れている[1]

評価[編集]

本書は、仏教史はもちろん、インド史中央アジア史・南洋諸島史などの研究にとっても、極めて貴重な史料を提供している。

テキスト他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 林良一『シルクロード』(時事通信社ISBN 4788788144ISBN 978-4788788145