人相学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

人相学』(にんそうがく)あるいは『観相学[1](かんそうがく、: Φυσιογνωμονικά: Physiognomonica: Physiognomonics)とは、アリストテレス名義の自然学短篇著作の1つであり、『小品集』を構成する9篇の内の1つ。アリストテレスの作品ではなく、ペリパトス派逍遙学派)の後輩たちの作品と見られている[2]

構成[編集]

全6章から成る。

  • 第1章 - 本篇の問題。人相学(観相学)研究の企図。気質は身体に従う。霊魂の身体への影響。身体と霊魂の相関関係。研究の方法。研究上の誤謬について。
  • 第2章 - 人相学の定義。人相学(観相学)研究のための諸々の特徴の根拠。皮膚の色、毛髪、声、勇敢・臆病。
  • 第3章 - 様々な性格の特徴。勇敢、臆病、気立てが良い、鈍感、厚かましい、謹直、快活、無気力、淫蕩、執拗、激情的、温和、皮肉的、卑屈、憐れみ深い、健啖、好色、眠たげ、記憶明晰。
  • 第4章 - 研究の企図・方法の再論。霊魂と身体は共感的で相互依存的。
  • 第5章 - 動物の類型による特徴の選択。勇敢、臆病、正、不正。雄と雌の比較。ライオン
  • 第6章 - 動物の身体各部から人間の諸特徴への推論。

内容[編集]

日本語訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新版アリストテレス全集 Archived 2014年4月2日, at the Wayback Machine. - 岩波書店
  2. ^ 『アリストテレス全集10』 岩波 pp.323-329

関連項目[編集]