人工放射性元素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

人工放射性元素(じんこうほうしゃせいげんそ, Synthetic element)は、人工的に合成された元素同位体)の総称である。

天然には存在しない4つの元素(テクネチウムプロメチウムアスタチンフランシウム)と、超ウラン元素アメリシウムキュリウムなど)はほぼすべて人工放射性元素であり、広義では人工の放射性同位体も含む。これらは半減期の短い放射性元素であるため、自然界には極めて僅かしか存在が確認されない。通常は、原子核に高いエネルギーを持たせた荷電粒子や、γ線中性子などをぶつけて合成する。

人工の放射性同位体としては1934年フレデリック・ジョリオ=キュリーイレーヌ・ジョリオ=キュリーの夫妻が放射性リン (30P) を得たのが最初で、元素としては1937年に得られたテクネチウムが最初である。

関連項目[編集]