交響曲第3番 (ニールセン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
音楽・音声外部リンク
全曲を試聴する
NIELSEN’S Symphony No.3 - ヘルベルト・ブロムシュテット指揮エーテボリ交響楽団による演奏。エーテボリ交響楽団公式Vimeo。

交響曲第3番ニ短調 『ひろがりの交響曲』もしくは『広がり』(Symfoni Nr.3 "Sinfonia Espansiva" op.27, FS.60)は、1910年 - 1911年4月30日にかけて作曲されたカール・ニールセン作曲の交響曲。2楽章の曲想から『ニールセンの田園交響曲』とも言われる。

概要[編集]

第2楽章にはソプラノバリトンヴォカリーズが入る。この第3番以降の456番にはそれぞれティンパニ独奏、アドリブの小太鼓トロンボーンの連続下降グリッサンドなどとユニークな演奏が入っており、このヴォカリーズもその一環として見ることもできる。

なお、この交響曲のタイトル『エスパンシヴァ』(広がり)は第1楽章の発想記号であるアレグロ・エスパンシヴォ (Allegro espansivo) に由来するものであり、描写的な意味は特に無いとされる。

  • 第1楽章 アレグロ・エスパンシヴォ
  • 第2楽章 アンダンテ・パストラーレ
  • 第3楽章 アレグレット・ウン・ポーコ
  • 第4楽章 アレグロ

第1楽章はソナタ形式。力強い和音の連打から始まり、ロバート・シンプソンが「競技的な3拍子」と評した第一主題が出現する。そして木管楽器により第1主題とは対照的な曲想の第2主題が出現し、クライマックスまで発展していく。 第2楽章では北欧風の旋律の主題もあらわれる。そして舞台裏からバリトン、ソプラノによる独唱が始まり、牧歌的な曲想となる。 第3楽章はスケルツォのような形式。第4楽章は豊かで堂々とし、主要主題はブラームス交響曲第1番のフィナーレを連想させる。

オーケストラ編成[編集]

ソプラノ独唱、バリトン独唱(それぞれクラリネット、トロンボーンによる代替も可能)

フルート3(うち1本はピッコロ持ち替え)、オーボエ3(うち1本はイングリッシュ・ホルン持ち替え)、クラリネット3、ファゴット3(うち1本はコントラファゴット持ち替え)、ホルン4、トランペット3、トロンボーン3、テューバティンパニ弦5部

初演・出版等[編集]

世界初演[編集]

1912年2月28日、作曲者自身の指揮によりコペンハーゲン宮廷劇場管弦楽団演奏で行われた。

出版[編集]

1913年、ライプツィヒ、カーント社

演奏時間[編集]

スコアに書かれている演奏時間は約32分だが、実際は35~38分ほどかかる。

参考文献[編集]

  • 作曲家別名曲解説ライブラリー18「北欧の巨匠」(1994年 音楽之友社)ISBN 4276010586

関連項目[編集]

外部リンク[編集]