交響曲第2番 (デ・メイ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

交響曲第2番ビッグ・アップル』(Symphony No. 2 "The Big Apple")は、オランダ作曲家ヨハン・デ・メイが作曲した交響曲である。交響曲第1番同様、管弦楽にも編曲された。

概要[編集]

ニューヨークの街並みに着想を得た作品で、1991年10月から1993年9月にかけてアメリカ空軍バンドの委嘱で作曲された。ビッグ・アップルとはニューヨークの愛称で、サブタイトルに「ニューヨーク交響曲」と付けられており、作曲者によると“ニューヨークへの頌歌(an ode to New York)”として書かれた。1楽章と2楽章の間には効果音として作曲者自身が1993年9月にニューヨークで収録した街頭や地下鉄など街の喧噪の録音とピアノタムタムによる「タイムズ・スクエア・カデンツァ」が演奏される。

公式な初演は1994年3月ハワイホノルルにて、アラン・ボナー中佐の指揮で行われた。この初演に先立つ1994年2月20日には、ユトレヒトのフレーデンビュルフ音楽センター(nl:Muziekcentrum Vredenburg)にて、ハインツ・フリーセンnl:Heinz Friesen)の指揮でアムステルダム・ウィンド・オーケストラnl:The Amsterdam Wind Orchestra)により公開で演奏されているが、作曲者は委嘱したアメリカ空軍バンドに敬意を表し、ユトレヒトでの演奏をオランダ初演としている。

1993年イタリアコルチャーノ国際吹奏楽作曲コンクールで最終選考に残り、佳作を受賞。

管弦楽版は、北オランダ管弦楽団(nl:Noord Nederlands Orkest)の芸術監督マルセル・マンドス(Marcel Mandos)の委嘱により、作曲者自身により編曲され、2002年3月に初演された。アメリカ同時多発テロ事件の後であり、作曲者は初演にあたって「ビッグ・アップルは今なお自由と民主主義の決意のシンボルである」の言葉を寄せている。

編成[編集]

吹奏楽版[編集]

編成表
木管 金管
Fl. 2, Picc. Tp. 4 Cb.
Ob. 2, C.A. Hr. 4 Timp.
Fg. 2, Cfg. Tbn. 4 S.D., Bongo, Whip, B.D., Tom-t., Tri., Cr.Cym., Su.Cym., W.B., Tam-t.(大・小), Anvil, Sleighbell, Rot-t.(4), Bells, Xylo., Vib., Mari., T.Bells
Cl. 3, E♭, Alto, Bass Eup.
Sax. Alt. 2 Ten. 1 Bar. 1 Tub.
その他 Harp, Piano & Hpscd.(Synth.)

管弦楽版[編集]

編成表
木管 金管
Fl. 2, Picc. Hr. 4 Timp. Vn.1
Ob. 2, C.A. Trp. 4 S.D., Bongo, Whip, B.D., Tom-t., Tri., Cr.Cym., Su.Cym., W.B., Tam-t.(大・小), Anvil, Sleighbell, Rot-t.(4), Bells, Xylo., Vib., Mari., T.Bells Vn.2
Cl. 2, B.Cl. Trb. 4 Va.
Fg. 2, C.Fg. Tub. 1 Vc.
A.Sax. 2 (doubl. T.Sax. & Br.Sax) Cb.
その他 Harp, Piano, Hpscd.

構成[編集]

  • 第1楽章 スカイライン(Skyline)Allegro assai
  • タイムズ・スクウェア・カデンツァ(Times Square Cadenza)Interlude
  • 第2楽章 ゴーサム(Gotham)Largamente

参考文献[編集]