井原芳隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

井原 芳隆(いはらよしたか、1945年10月18日 - )は日本の実業家。元三井製糖取締役社長。

神奈川県鎌倉市出身。鎌倉学園慶應義塾大学法学部政治学科卒業。義父は、三興電機製作所代表取締役会長橋爪多喜致

大学卒業後、1968年三井物産に入社。三井製糖代表取締役参与を経て、2002年に同社の社長に就任した[1]。旧態依然であった製糖業界の刷新を目標に掲げ[2]、当時業界5位であった台糖との業務提携[3]、さらにこれに地方の製糖企業であったケイ・エスを迎えて、2004年には3社合併を達成し、自ら新生三井製糖の社長に就いた[4]

2010年、合併に伴う事業基盤の整備に一定の目途がついたことから、当時三井物産常務執行役員であった飯田雅明に社長の職を譲り、取締役相談役へと退いた[5]

作曲家の加瀬邦彦は、大学時代の2つ上の先輩にあたり、現在でも交流があるという[6]

脚注[編集]

  1. ^ 「新三井製糖、井原氏迎える」 『日経産業新聞』2002年4月24日付、31頁。
  2. ^ 横塚仁士「新三井製糖社長井原芳隆氏--高付加価値製品を強化」 『日経産業新聞』 2002年10月8日付、23頁。
  3. ^ 「新三井製糖と台糖が提携、「合併」は棚上げ協力模索、財務・工場…難題残る。」 『日経産業新聞』 2003年7月17日、18頁。
  4. ^ 西條都夫「三井物産系、製糖3社合併--台糖100年の意地に幕、格差拡大、新三井に主導権。」 『日経産業新聞』 2004年4月9日、3頁。
  5. ^ 「三井製糖、飯田氏迎える」 『日経産業新聞』2010年3月3日、19頁。
  6. ^ 井原芳隆「ギターが縁に」 『日本経済新聞』 2007年9月5日付朝刊、40頁。

外部リンク[編集]

先代:
上野榮枝
三井製糖社長
2002年-2010年
次代:
飯田雅明