島英二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
島 英二
生誕 (1947-10-24) 1947年10月24日(73歳)
出身地 日本の旗 日本, 東京都世田谷区生まれ(神奈川県鎌倉市育ち)
ジャンル J-POP
グループ・サウンズ
担当楽器 ベース
ギター
活動期間 1960年代-
共同作業者 ザ・ワイルドワンズ
「SOSバンド」
「ココナッツクラブwith峠恵子
加山雄三&ハイパーランチャーズ
実兄、大石吾朗加山雄三ビートルズ加瀬邦彦

島 英二(しま えいじ、1947年10月24日 - )は、日本のミュージシャンベーシストギタリスト

来歴・人物[編集]

東京都世田谷区で生まれ、世田谷区立八幡小学校2年生の時に父親の意向で神奈川県鎌倉市極楽寺に転居する[1]鎌倉市立第一小学校鎌倉市立第一中学校平塚学園高等学校卒業[1]

自身の叔父は東芝音楽工業にてエバーグリーンレコード(赤盤)を開発したチームに所属し、東芝レコード工場長も務めた人物であったという[1]

元々は、ギタリストであったが、高校時代に、兄の島雄一[注 1]と「チェッカーズ」を結成する。

大学浪人時代には加瀬邦彦の大学の後輩で、自身の知人でもあった井原芳隆(後の三井製糖社長)が仲介する形で加瀬と面会し、ザ・ワイルドワンズのメンバーとなる[1][2]。なお、英二はワイルドワンズのメンバーとしては植田芳暁鳥塚繁樹の後から加入が決まったという[2]。英二自身はワンズに入るまでベース・ギターを一度も弾いたことがなかったが、メンバー構成上、ベースがいなかったために英二がベーシストとしてもデビューすることになった[2]

1966年 - 1971年の第1期ザ・ワイルドワンズ時代には『赤い靴のマリア』でメインボーカルを務めたり、オリジナルアルバム『YESTERDAY, TODAY AND TOMORROW』(1969年6月1日発売)にて自作の「明日に続く道」を発表するなどしている[1]

1981年に第2期ザ・ワイルドワンズ再結成以後も精力的に音楽活動を続け、「ココナッツ クラブ・ココナツ メンズクラブ」などユニットを組み、「加山雄三&ハイパーランチャーズ」ではギターを担当。また、エレキから離れていた加山雄三にエレキ界復帰をけしかけたのも島である。また、ザ・ワイルドワンズ自体も加瀬邦彦と渡辺茂樹が亡くなった後も灯を消すことなく英二と植田・鳥塚の3人で活動を続けている[1][2]

日本におけるザ・ベンチャーズのコピーの草分け的存在でもある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 細野晴臣らが組んでいたバンド:はっぴいえんどのファーストアルバム『はっぴいえんど』のミキシングを担当した[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 山下めぐ『ぼくらの茅ヶ崎物語』釈順正、シンコーミュージックエンタテイメント、東京都千代田区、2019年、146-160頁。ISBN 978-4-401-64751-4
  2. ^ a b c d 山下めぐ『ぼくらの茅ヶ崎物語』釈順正、シンコーミュージックエンタテイメント、東京都千代田区、2019年、139-145頁。ISBN 978-4-401-64751-4