井伊文子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井伊 文子(いい ふみこ、1917年5月20日 - 2004年11月22日)は、尚昌子女琉球国王尚泰曾孫日本歌人随筆家聞得大君(19代)。

生涯[編集]

1917年(大正6年)、尚昌の長女として生まれ、1934年(昭和9年)に女子学習院を卒業する。 1937年(昭和12年)に井伊直愛(後の彦根市長)と結婚。

佐佐木信綱のもとで短歌を学び、中城さうしをはじめ多くの作品を残した。

1972年に沖縄県の青少年育成を目的として法人・佛桑花の会を設立。2003年沖縄タイムス出版文化賞を受賞した。

2004年11月22日心不全により自宅で死去、24日に彦根市告別式が行われ、遺骨の一部が伊是名玉陵に埋葬されている。

滋賀県肢体不自由児福祉協会理事長を勤めていた。

主な著作[編集]

  • 美しく老いる
  • 浄命
  • 樹草とともに
  • 佛桑花の花ひらく
  • わがふるさと沖縄・琉球王尚家の長女として生まれ
  • 沖縄県糸満市ひめゆりの塔そばの敷地内に歌碑が据えられている。

関連項目[編集]