井上満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井上 満(いのうえ みつる、1900年12月16日 - 1959年5月14日)は、ロシア文学者、翻訳家。

福岡県久留米市に生まれる。福岡県立中学明善校(現福岡県立明善高等学校)卒、1924年ハルピンの日露協会学校卒、翌年上京し文筆活動に入り、社会科学文献を翻訳。1930年ソ連大使館に勤務、ロシア事情の紹介などを行うが、1936年軍機保護法違反で逮捕され三年間下獄。出獄後はロシア文学の翻訳に従事。1941年ゴンチャロフの『フレガート艦パルラダ』を『日本渡航記』として翻訳、1943年ゴロヴニン『日本幽囚記』を翻訳する。戦後はゴンチャロフの『断崖』『オブローモフ』などのほか、ロシア文学を多数翻訳、また日ソ親善協会を創立、日ソ学院を創立し副学院長を勤めた。

編著[編集]

  • 『ロシヤ語常用6000語』(編著)大学書林 1959

翻訳[編集]

脚注[編集]