井上栄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井上 栄一(いのうえ えいいち、1917年大正6年)1月1日 - 1993年平成5年)3月3日)は、日本陸軍航空技術将校科学記者農林技官気象学者、農業気象学者、微気象学者、理学博士。元農林省農業技術研究所物理統計部気象科科長、日本農業気象学会永年功労会員。

略歴[編集]

新潟県新潟市出身。1934年昭和9年)に新潟中学校を卒業[1]1937年(昭和12年)に第一高等学校を卒業[1][2]1941年(昭和16年)に東京帝国大学工学部航空学科を卒業[2][3][注 1]陸軍航空技術学校に入校[4]

陸軍航空本部に配属[3][4][注 2]、航空技術将校として、太平洋戦争の戦地や大日本帝国軍の占領地に出向き、そこに残された戦闘機スーパーマリン スピットファイアや戦闘機P-40 キティホークなどの敵国の航空機や文書などを調査[4]

奥田教久亘理厚[注 3]と、撃墜されたアメリカ軍の航空機の搭乗員を尋問したり、東京帝国大学航空研究所糸川英夫[注 4]と話をしたりして、大型戦略爆撃機B-29などのアメリカ軍やイギリス軍の未見の新型航空機の性能を推定して計算[6]

1945年(昭和20年)8月15日に太平洋戦争が終戦、最終階級は陸軍技術大尉[3]朝日新聞社の航空雑誌『航空朝日』に記事を執筆していた縁で、奥田教久とともに朝日新聞社に学芸部の科学記者として入社[7]

1946年(昭和21年)に東京帝国大学理学部大学院に入学[3][8][注 5]1947年(昭和22年)に東京帝国大学理工学研究所[注 6]に研究生として入所[10][11][注 7]

1951年(昭和26年)に農林省農業技術研究所物理統計部気象科物理第二研究室室長に就任[10][12]1952年(昭和27年)に東京大学から理学博士号を取得[10]

1954年(昭和29年)に「大気乱流の研究」で小倉義光と同時に第1回日本気象学会賞を受賞[13]1962年(昭和37年)に「穂波の研究」で日本農業気象学会賞を受賞[14]

1966年(昭和41年)に農林省農業技術研究所物理統計部気象科科長に就任[10][15][注 8]1973年(昭和48年)に"Aerobiology"「空中生物学」を日本農業気象学会の学術誌『農業気象』で紹介[17][18][注 9]

1977年(昭和52年)に農林省農業技術研究所を退官[10][20]

農業気象研究の近代化に大きな業績を上げ、日本における農業気象学の知名度を世界的に高めた[3][21]

著書[編集]

  • 『流れと渦』目黒書店、1948年。

論文[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1938年昭和13年)に東京帝国大学工学部航空学科に入学。
  2. ^ 1941年(昭和16年)から1946年(昭和21年)まで、東京帝国大学理学部地球物理学教室で研究[5]
  3. ^ のちに「日本の自動車の振動・騒音研究の祖」と呼ばれる。
  4. ^ 大日本帝国陸軍の戦闘機や爆撃機などを設計。のちに「日本の宇宙開発・ロケット開発の父」と呼ばれる。
  5. ^ 1951年(昭和26年)に修了[3][9]
  6. ^ 太平洋戦争後、航空研究は禁止のため、1946年(昭和21年)に航空研究所理工学研究所に改組。
  7. ^ 1952年(昭和27年)に退所[10]
  8. ^ 管理職は予算や人事の事で忙しくて研究ができないという理由で、1970年(昭和45年)に依願退任、主任研究官に希望降任[16]
  9. ^ 1971年(昭和46年)に既に日本気象学会で紹介[19]

出典[編集]

  1. ^ a b 青山同窓会報』第33号、3面。
  2. ^ a b 日本風工学会誌』第19号、84頁。
  3. ^ a b c d e f 天気』第40巻第9号、709頁。
  4. ^ a b c 日本風工学会誌』第19号、85頁。
  5. ^ 天気』第36巻第5号、323頁。
  6. ^ 日本風工学会誌』第19号、85-86頁。『零戦燃ゆ 熱闘篇』530-538頁。
  7. ^ 日本風工学会誌』第19号、86頁。
  8. ^ 日本風工学会誌』第19号、87頁。『ながれ』第20巻第6号、453頁。
  9. ^ 日本風工学会誌』第21号、90頁。
  10. ^ a b c d e f 天気』第40巻第9号、710頁。
  11. ^ 日本風工学会誌』第19号、88頁。
  12. ^ 日本風工学会誌』第19号、89頁。
  13. ^ 日本気象学会賞 歴代受賞者一覧 | 公益社団法人 日本気象学会
  14. ^ 日本農業気象学会賞受賞者一覧 日本農業気象学会 (PDF)
  15. ^ 日本風工学会誌』第22号、48頁。
  16. ^ 日本風工学会誌』第22号、48・50頁。
  17. ^ Kawashima 2004, p. 2.
  18. ^ 農業気象』第28巻第3号、193-194頁。
  19. ^ 天気』第18巻第8号、438-439頁。
  20. ^ 日本風工学会誌』第23号、57頁。
  21. ^ 論文紹介: 穂波に見る大気の乱流 (農業と環境 No.181 2015年5月) - 伊川浩樹(大気環境研究領域)、国立研究開発法人農業環境技術研究所、2015年。

参考文献[編集]

関連文献[編集]