井上広法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

井上 広法(いのうえ こうぼう 1979年 - )は、浄土宗僧侶である。栃木県宇都宮市在住。

仏教心理学の立場から現代人がより幸せに生きるヒントを伝える僧侶として活動している。

人物[編集]

佛教大学[1]で浄土学を専攻し卒業したのち、東京学芸大学[1]臨床心理学を専攻して、グリーフケアの観点から「遺族における法事の心理的役割の検討」を執筆する。科学的に心の仕組みを学んだ僧侶として活動し、東日本大震災を契機として、お坊さんが答えるQ&Aサービスhasunohaを企画運営している。心理学の中でも、特にポジティブ心理学の知見を参考にワークショップ「お坊さんのハピネストレーニング」を毎月開催している。史上初のお坊さんバラエティ番組ぶっちゃけ寺の立ち上げにも関わるとともに、同番組をはじめとした様々なテレビラジオ等のメディアにも多数出演中である。

浄土宗光琳寺副住職。未来の住職塾サンガ副会長、株式会社インナーコーリング チーフプロデュサー、寺子屋ブッダProgram Director、浄土宗栃木教区参事、hasunoha共同代表に就いている。

出演[編集]

著書[編集]

  • 『心理学を学んだお坊さんの幸せに満たされる練習』(永岡書店、2016年)
  • 『つながる仏教』(ポプラ社、2016年)
  • 『hasunoha お坊さんお悩み相談室』(小学館集英社、2016年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]