二聖モスクの守護者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
二聖モスク
守護者
خَادِمُ ٱلْحَرَمَيْنِ ٱلشَّرِيفَيْنِ
Khādim al-Ḥaramayn aš-Šarīfayn (アラビア語)
詳細
敬称 CTHM, 陛下
初代 サラーフッディーン(サラディン)
宮殿 リヤド宮、現在はヤマーマ宮殿
テンプレートを表示


二聖モスクの守護者(略称CTHM; アラビア語: خَادِمُ ٱلْحَرَمَيْنِ ٱلشَّرِيفَيْنِ‎、Khādim al-Ḥaramayn aš-Šarīfayn )、二つの高貴な聖域のしもべまたは二つの聖なる都市の守護者は、アイユーブ朝エジプトマムルーク朝オスマン帝国の君主など、多くのイスラム教国の支配者が使用してきた王の称号である。現代では、サウジアラビアの国王が保持している。この称号は事実上のカリフを意味する場合もある[1]が、主にはイスラム教で最も神聖なふたつのモスクを守護する義務を直接的に示している。つまり、メッカマスジド・ハラームアラビア語: اَلْمَسْجِدُ ٱلْحَرَامُ‎)とメディナ預言者のモスクアラビア語: اَلْمَسْجِدُ ٱلنَّبَوِيُّ‎)のことであり[2]、どちらもアラビア半島ヒジャーズ地方にある[3]

歴史[編集]

この称号を最初に使用した人物は、アイユーブ朝サラーフッディーン(サラディン)であったと考えられている[4]

1517年にマムルーク朝を破ってメッカとメディナを掌握した後、オスマン帝国のスルタンセリム1世もその称号を採用した。スルタン自身は「両聖地の支配者」(アラビア語: حَاكِمُ الْحَرَمَيْن‎)よりも、「両聖地のしもべ」(アラビア語: خَادِمُ الْحَرَمَيْن‎)と名乗ることを好んだ[5] [6] [7]。この称号は、最後のメフメト6世 (在1918年〜1922年)まで、その後のすべてのオスマンのスルタンに使用された。

サウジアラビアでこれを最初に名乗った国王はファイサル王(在1964年~1975年)だった。彼の後継者であるハーリド王は名乗らなかったが[4]、後継者であるファハド王は使用し、それまでの用語である「陛下His Majesty」をこれに置き換えた[8]。現在の王であるサルマーン王も2015年1月23日に彼の異母兄であるアブドゥッラー王が亡くなった後に同じ称号を得た[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Wood, Paul (2005年8月1日). “Life and legacy of King Fahd”. BBC News. http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/4734505.stm 2011年4月6日閲覧。 
  2. ^ a b Custodian of the Two Holy Mosques King Abdullah bin Abdulaziz”. The Saudi Embassy in Tokyo, Japan. 2011年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月6日閲覧。
  3. ^ Merriam-Webster's Geographical Dictionary. (2001). p. 479. ISBN 0 87779 546 0. https://books.google.com/books?id=Co_VIPIJerIC&pg=PA479 2013年3月17日閲覧。 
  4. ^ a b Fakkar (2015年1月27日). “Story behind the king’s title”. en:Arab News. 2016年6月27日閲覧。
  5. ^ Freidun Emecen, Selim I, TDV İslam Ansiklopedisi, Vol.36, p.413-414. (トルコ語)
  6. ^ İlber Ortaylı, "Yavuz Sultan Selim", ミッリイェト (トルコ語)
  7. ^ İlber Ortaylı, "Surre alayı Topkapı Sarayı’ndan geçiyor", ミッリイェト, 20 April 2008 (トルコ語)
  8. ^ “Fahad played pivotal role in development”. en:Gulf Daily News. (2005年8月2日). http://www.gulf-daily-news.com/NewsDetails.aspx?storyid=118446 2013年2月2日閲覧。