二十日正月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

二十日正月(はつかしょうがつ)とは、日本の行事。1月20日のことを指し、この日を正月の終りとなる節目の日とする土地も多い。

かつては正月の祝い納めとして仕事を休む物忌みの日であった。この日をもって正月の行事は終了する。

京阪神地方では、正月に用いたの骨や頭を酒粕野菜大豆などと一緒に煮て食べることから骨正月頭正月とも言う。他の地方でも、乞食正月石川県)、棚探し群馬県)、フセ正月岐阜県)などと言って、正月の御馳走やなどを食べ尽くす風習がある[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「年中行事事典」p635 1958年(昭和33年)5月23日初版発行 西角井正慶編 東京堂出版