久須見氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

久須見氏(くすみし、くすみうじ)は、工藤氏藤原南家)の流れをくむ伊豆国で勃興した氏族伊東氏狩野氏河津氏宇佐美氏などを派生した。楠見葛見玖須美氏久須美氏久津見氏とも。

略史[編集]

工藤祐隆(伊東祐隆)は、伊豆国の伊東(現・伊東市)、宇佐美(同)、大見(現・伊豆市)を併せて久須見荘(久須美荘、くすみのしょう)とし、出家した後に同荘に因んで久須見入道寂心(蓮)と号した。

曽我物語』では祐隆は出家する前は工藤大夫と称したとの記述から、一般に『尊卑分脈』に記載されている工藤四郎大夫家次と同一人物だと言われている。しかし、『尊卑分脈』では家次の息子とされる伊東祐家について実者久津見入道寂蓮子と記してあることから、伊東祐隆と工藤家次は別人であり、伊東氏と工藤氏は本来別族であると言う説が近年出ている[要出典]。事実、これを裏付けるかの様に『曽我物語』で祐家の息子である祐親が、祐隆の後妻の娘の子の伊東祐継について「異姓他人の継娘の子」と言う台詞が記されている。また、伊東氏が「祐」、工藤氏が「光」、若しくは「次」と通字が違うと言う点も見られる。

伊東祐隆は、実子とも義理の外孫である伊東祐継(別族説に従えば、工藤氏からの養子で、工藤家次の実子)を後継とし、伊東荘に因んで伊東氏を名乗らせた。他方、実子である祐家の息子でもある祐親も養子として引き取り(祐親は実父祐家に先立たれていた)、河津氏を名乗らせた。祐隆・祐継が相次いで死去すると、河津祐親(後に伊東祐親)と祐継の遺児である工藤祐経は所領を巡り争い、それが有名な曾我兄弟の仇討ちへと発展するのである。その経過は、『曽我物語』に詳しく描かれている。

その後の久須見氏としては、戦国時代駿河国国人葛山氏の支配下の問屋商人で楠見善左衛門尉の名前が歴史上に散見される。また1571年には、徳川家康より久須美土佐守に宛てて諸役免除の朱印状を与えたことが判明している。この久須見一族が先述の久須見氏の末裔か否かは不明である。

系図[編集]

[久須見氏]
([伊東氏])
工藤祐隆
(伊東祐隆)
(工藤家次)
 
 
 
 
 
 
継室
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
伊東祐家祐継
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
祐親祐経[宇佐美氏]
宇佐美祐茂
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河津氏
河津祐泰
備中伊東氏
伊東祐清
八重姫日向伊東氏
伊東祐時
長野工藤氏
祐長
奥州伊東氏
安積祐長
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
曾我祐成曾我時致

一族[編集]

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]