曾我氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
曾我氏
No image available.svg
本姓 桓武平氏千葉氏流
家祖 曾我祐家
種別 武家
出身地 相模国
主な根拠地 相模国曾我荘
著名な人物 曾我祐成
曾我時致
凡例 / Category:日本の氏族

曾我氏(そがし)は、相模国を発祥とする武家

出自[編集]

桓武平氏千葉氏の支流平常信の子曾我祐家が、相模国曾我荘(現在の神奈川県小田原市周辺)を本拠として曾我大夫を称したのに始まるという。

祐家の子曽我太郎祐信は、仇討ちで有名な曾我兄弟の養父で、治承4年(1180年)の源頼朝挙兵による石橋山合戦に際して頼朝に敵対したものの、後にその配下に加わり、鎌倉幕府御家人として活躍した。実子の曾我祐綱も功を立てて土佐国に地頭職を得た。

室町時代足利将軍家奉公衆となり幕府に仕えた。足利義昭の近習に曽我晴助がいる。

奉公衆(足利幕府)[編集]

室町幕府が開設されると、若狭国には青郷の大草氏、熊川の沼田氏そしてこの曽我氏が足利将軍家より配された。

相模国足柄郡曽我庄より起こる千葉氏の一族(平良文の末裔)である曽我師助は高師直の推挙により足利尊氏に仕えることができ、その子息である曽我氏助は尊氏より編諱を与えられた。以後足利義満より満助は編諱を与えられ、その子政助は足利義政より編諱を与えられ代々が奉公衆一番に列し将軍を警護した。

曽我乗助(兵庫助)は室町幕府15代将軍・足利義昭の将軍家継承にも尽力し、最後の幕臣として活躍した。

所領[編集]

曽我氏嫡流家は若狭国遠敷郡三重村(おおい町)にあった足利将軍家御料所の管理を永代に渡って任され、所領の背後に三重城(久坂)を築いて名田庄地区の中央部を治めた。

歴代[編集]

祐信ー祐綱ー祐重ー祐盛ー時助ー時之ー師助ー氏助ー満助ー政助ー教助ー元助ー乗助ー尚助ー古祐ー近祐ー仲祐

古祐は江戸幕府の上級旗本で、その弟の包助は館林家(徳川)の家老となり五千石を許されたという。

庶流[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]