河津祐泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
河津祐泰
時代 平安時代末期
生誕 久安2年 (1146年)?
死没 安元年2年(1176年)10月
別名 祐通、三郎
墓所 静岡県伊東市 東林寺
氏族 伊東氏河津氏
父母 伊東祐親
兄弟 祐泰伊東祐清北条時政前室、三浦義澄室、万劫御前(工藤祐経前室、土肥遠平室)、八重姫、ほか
横山時重娘(工藤茂光の孫)
祐成時致、原小次郎、律師
河津祐泰の墓(静岡県伊東市馬場町)

河津 祐泰(かわづ すけやす)は、平安時代末期の武将であり、伊豆国豪族工藤氏の流れをくむ伊東祐親河津祐親)の子であり、曾我兄弟の仇討ちで知られる曾我祐成時致の父。祐通とも。

概略[編集]

安元2年(1176年)10月、伊豆国伊東荘を巡る所領争いにより、祐泰は伊豆の奥野の狩場で同族の工藤祐経に矢を射られて落命する。享年31(『曽我物語』による)。祐泰の妻(横山時重の娘)は5歳の十郎(祐成)、3歳の五郎(時致)2人を連れて曾我祐信と再婚した。

建久4年(1193年)5月28日、2人の兄弟は富士の巻狩りで父の仇である工藤祐経を討った。この仇討ちは『曽我物語』として広く世に知られる事になる。

祐泰の討たれた5日後に生まれた末子は、祐泰の弟祐清の妻(比企尼の三女)に引き取られ、妻が再婚した平賀義信の養子となり、出家して律師と号していた。曾我兄弟の仇討ちの後、兄に連座して鎌倉へ呼び出され、7月2日に甘縄で自害している。また8月20日には曾我兄弟と同腹の兄弟である原小次郎(北条本『吾妻鏡』や『曽我物語』では「京の小次郎」)が、曾我兄弟の仇討ちに連動して失脚した源範頼の縁座として処刑されている。


関連項目[編集]