工藤祐隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

工藤 祐隆(工藤祐高、くどう すけたか)とは、藤原南家の流れをくむ工藤氏の6代目であり、伊豆国久須美荘(久須見荘、葛見庄、くすみのしょう)の開発領主[1]伊東氏の祖であり、狩野氏河津氏などを派生した。工藤家次(くどう いえつぐ)・伊東家次(いとう いえつぐ)等とも。工藤維継の子。

人物[編集]

伊東氏の祖[編集]

工藤氏代々の拠点であった伊豆国内陸の狩野荘(狩野川上流)を四男である工藤茂光狩野氏の祖)に譲り[2]、自身は東部の久須美荘(久須見荘、葛見庄とも。伊東荘・宇佐美荘・大見荘・河津荘などから成る。)を拠点とし、伊東氏の祖となる。

子孫たちの所領争い[編集]

嫡子である伊東祐家が早世するなど後継者に恵まれなかった彼は、後妻の娘(連れ子)との間に生まれた子を、家督を継がせるために工藤祐継として養子とし、本領である伊東荘・宇佐美荘を与える一方、伊東祐家の子である嫡孫の伊東祐親河津氏の祖)には河津荘を与える形で、領地を分割継承させる措置を採った[3]

しかし、この措置に不満を覚えた伊東祐親は、工藤祐継の死後にその領地を奪取。それを恨んだ工藤祐継の子である工藤祐経が、今度は伊東祐親の嫡子・河津祐泰を射殺。それに対して、河津祐泰の子どもたちが、『曽我物語』に描かれる曾我兄弟の仇討ちを行うことになるなど、報復の連鎖を生むことになった。

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]