久保田洋史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

久保田 洋史(くぼた ひろし、1949年[1] - )は、元日産自動車の自動車クラブのひとつPMC・Sに所属していたアマチュアドライバー。スカイライン2000GT-Rのドライバーとして知られる[1]

経歴[編集]

1970年5月の「全日本鈴鹿1000キロレース」では、70年当時のGT-Rプライベーターの雄、箕輪眞治と組み、総合2位、クラス優勝を果たした[2]

1971年からはマツダのロータリー軍団との争いが激化したことに伴って大きなレースにも出る機会が増え、同年9月4日の「富士GCシリーズ富士インター200マイルレース」においてワークスGT-R2台を従えての優勝を飾っている。又この年には、「レース・ド・ニッポン6時間」や「全日本鈴鹿1000キロレース」、「富士1000キロレース」といった耐久レースに、ニッサン大森ワークスドライバー田村三夫鈴木誠一をコ・ドライバーとして組み自車で戦っている。

1972年10月のレースを最後にワークスGT-Rが撤退した後もGT-Rでレースに出場し続け、1973年7月の「全日本富士1000Kmレース」では正谷栄邦と組んで5位入賞を獲得している(クラス優勝)。当時の当レースを紹介した雑誌記事には、「レース中盤雨脚が強くなり、二台の日産車が躍進した。一台はワークスで唯一生き残っている歳森康師240Z、そしてもう一台は久保田洋史が駆るオールド・スカイラインGT-Rだ。二台はトップを大幅に上回るペースで狂ったように走り回った。久保田のGT-Rはストレートで左右に振られながらも独特の甲高いエグゾーストノートを撒き散らしながら他車をごぼう抜きして行った。久保田は歳森の240Zをも抜き去り、全盛を過ぎたGT-Rを猛雨の中に復活させた。」と記されている(久保田自身も、当レースは思い出深い一戦であったと後に語っている)[3]

また、同年10月10日開催の「富士GCシリーズ富士マスターズ250㌔レース」では、サニーエクセレントを駆り、トヨタワークスが誇るテクニシャン蟹江光正及び久木留博之セリカ1600GTを撃破しクラス優勝を果たした。久保田最後のGT-R出場レースは窪寺泰昌と組みクラス優勝(総合6位)した、同年11月に行われた「富士ツーリストトロフィーパンナム500マイルレース」。引退レースの「'74富士ツーリング・チャンピオン・レース」(1974年3月)では、サニーエクセレントにて優勝を飾った。

出典[編集]

  1. ^ a b 歴史的ドライバーが年に1度集う観客を招かない大イベント – WEB CARTOP 2015年2月24日 『WEB CARTOP編集部』
  2. ^ http://www.jaf.or.jp/CGI/msports/results/n-race/detail-result.cgi?race_id=1765
  3. ^ 日本の名レース100選(三栄書房)、全日本富士1000Kmレースの記事より

外部リンク[編集]