丸山静

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

丸山 静(まるやま しずか、男性、1914年7月12日 - 1987年7月2日)は、文芸評論家。東京帝国大学仏文科卒、京都帝国大学東洋史学科卒。1980年から愛知大学教授を務めた[1]

風巻景次郎西郷信綱らと「抒情」を創刊[2]。当初は島木赤彦をはじめ現代日本文学の評論を行ったが、のち文化人類学、民俗学に関心を移し、『熊野考』を遺作として残した。

ジュリア・クリステヴァジョルジュ・デュメジルなどの訳者としても知られる。1968年、現象学会設立[3]

著書[編集]

  • 島木赤彦 八雲書林 1943
  • 島崎藤村 福村書店 1952(国語と文学の教室)
  • 現代文学研究 東京大学出版会 1956
  • はじまりの意識 せりか書房 1971
  • 島木赤彦 上田三四二共著 桜楓社 1981(短歌シリーズ・人と作品)
  • 熊野考 せりか書房 1989

翻訳[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報