丸山劫外

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

丸山 劫外(まるやま こうがい、女性、1946年 - )は、群馬県出身の日本曹洞宗尼僧埼玉県吉祥院住職和歌の研究者。元脚本家(ペンネームは丸山文櫻)。

来歴[編集]

早稲田大学の映画研究会に所属し、才賀明に師事。「仮面ライダー」の96話ほか、「ケンちゃんシリーズ」などの脚本を執筆。5年ほど脚本家として活動。

その後、デザイン会社経営の後、1982年に曹洞宗で出家。愛知専門尼僧堂で修行の後、最乗寺塔頭大善寺住職となる。駒澤大学大学院入学、博士後期課程を満期退学の後、曹洞宗総合研究センター宗学研究部門研究員となり、道元和歌を研究する。

著作リスト[編集]

  • 「仮面ライダー」(第96話「本郷猛 サボテン怪人にされる!?」) ― 本作は主人公・本郷猛が1話中で3回変身する、全98話の中でも異色の作品(通常は前半パート1回、後半パート1回の2回変身が多い)。
  • 『雲と風と月と』(中央公論事業出版、2009年)
  • 『中国禅僧祖師伝』(曹洞宗宗務庁、2011年)
  • 『『修証義』解説 - 道元禅師に学ぶ人間の道』(佼成出版社、2016年)

共編著[編集]

論文[編集]

関連人物[編集]

外部リンク[編集]