中臣鎌子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中臣 鎌子(なかとみのかまこ、生没年不詳)は、飛鳥時代豪族中臣真人の子。中臣黒田の父。欽明天皇の時代の仏教伝来に際して、これに強く反対した。

欽明天皇13年(552年)、百済聖王(聖明王)の使者が仏像と経論数巻を献じ、上表して仏教の功徳をたたえた。天皇は仏像を礼拝する可否を群臣に求めた。大臣蘇我稲目は礼拝に賛成したが、大連物部尾輿と鎌子は反対した。天皇は稲目に仏像を授けて礼拝させたが、間もなく疫病が起こった。尾輿と鎌子は蕃神を礼拝したために国神が怒ったのだとして仏像の廃棄を奏上した。天皇はこれを許して、仏像は難波の堀江に流され、寺は焼かれた。