中村静夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 静夫(なかむら しずお、1946年 - )は、日本の都市計画家。都市・地域総合研究所所長。インターコミュニティ研究所所長。元大妻女子大学家政学部ライフデザイン学科教授を4年間勤めた。専門は居住文化論、住居学概論、住環境学。埼玉県生まれ。

略歴[編集]

  • 1967年、横浜国立大学工学部建築学科卒業
  • 1973年-1975年、文部技官、助手として、横浜国立大学総合計画設計委員
  • 1975年-1977年、ミュンヘン工科大学都市計画学大学院修了 G・アルバース教授の下、都市・地域計画研究所客員研究員

著書[編集]

  • シュタイナーと建築 集文社 ペーター・フェルガー 1985(訳書)
  • 国際都市ミュンヒェン―市民参加の大都市づくり 1989
  • みんなでまちを造った―都市計画 集文社 ラインハルト・グレーベ 1989(訳書)
  • 近隣街区と都市計画―街路住宅中庭 ヴェルナー・フィンケ 1978(訳書)