中村禎里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

中村 禎里(なかむら ていり、1932年1月7日[1] - 2014年3月13 日)は、日本の生物学・生物史学者、立正大学名誉教授。専攻は科学史、民族生物学。日本科学史学会会員、日本医史学会会員[2]

経歴・人物[編集]

東京生まれ。1958年東京都立大学生物学科卒業。同大大学院理学研究科生物学専攻博士課程修了[2]早稲田実業学校教諭を経て、1967年立正大学教養部講師。助教授、教授、1995年仏教学部教授。2002年定年退任、名誉教授。

生物学を中心に社会現象としての科学のあり方を研究。生物学周辺の歴史・民俗について多くの著書を著す。

著書[編集]

  • ルイセンコ論争』みすず書房 1967 、のち改題・再刊『日本のルィセンコ論争』みすず書房 1997 みすずライブラリー[3]
  • 『生物学と社会』みすず書房 1970
  • 『生物学の歴史』河出書房新社 1973
  • 『生物学を創った人びと』日本放送出版協会 1974 、のち増訂 みすず書房 2000 
  • 『危機に立つ科学者 1960年代の科学者運動』河出書房新社 1976
  • 『血液循環の発見 ウィリアム・ハーヴィの生涯』1977 岩波新書
  • 『回転する円のヒストリア』朝日新聞社 1979
  • 『科学者その方法と世界』1979 朝日選書
  • 『生物学の歴史』河出書房新社 1983
  • 『日本人の動物観 変身譚の歴史』海鳴社 1984
  • 『日本動物民俗誌』海鳴社 1987
  • 魔女と科学者 その他』海鳴社 1987
  • 『動物たちの霊力』筑摩書房 1989 ちくまプリマーブックス
  • とその世界』1990 朝日選書
  • 河童の日本史』日本エディタースクール出版部 1996
  • 胞衣の生命』海鳴社 1999
  • 『動物妖怪談』歴史民俗博物館振興会 2000 歴博ブックレット
  • の日本史 古代・中世篇』日本エディタースクール出版部 2001
  • 『狐の日本史 近世・近代篇』日本エディタースクール出版部 2003
  • 『近代生物学史論集』みすず書房 2004
  • 『中国における妊娠・胎発生論の歴史』思文閣出版 2006 
  • 『動物たちの日本史』海鳴社 2008 
  • 『生命観の日本史 古代・中世篇』日本エディタースクール出版部 2011 

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • デービッド・アボット編『世界科学者事典 1 (生物学者)』監訳 原書房 1985

参考[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中村禎里 なかむら-ていり デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説
  2. ^ a b 河童の誕生と変遷 中村 禎里 氏 athome教授対談シリーズこだわりアカデミー、1996年7月号
  3. ^ 国立国会図書館サーチ日本のルィセンコ論争 中村禎里 著

外部リンク[編集]