中村生雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 生雄(なかむら いくお、1946年7月15日 - 2010年7月4日)は、日本民俗学者・文化学者。

来歴・人物[編集]

静岡県浜松市出身。京都大学文学部宗教学専攻卒業、法政大学大学院日本文学専攻修士課程修了。春秋社の編集者をへて[1]静岡県立大学国際関係学部助教授、同教授、1996年7月大阪大学文学部日本学専攻教授、2005年学習院大学文学部日本語日本文学科教授。在職中白血病のため静岡県駿東郡長泉町の病院で死去。専門は、日本思想史・比較宗教学。柳田國男折口信夫らの民俗学者を中心に日本思想を研究した。

著書[編集]

  • 『カミとヒトの精神史 日本仏教の深層構造』人文書院 1988
  • 『日本の神と王権』法蔵館 1994
  • 『折口信夫の戦後天皇論』法蔵館 1995
  • 『祭祀と供犠 日本人の自然観・動物観』法藏館 2001
  • 『日本人の宗教と動物観 殺生と肉食』吉川弘文館 2010

共編著[編集]

  • 『こころとことばに東西の接点を求めて』東郷吉男共編著 北樹出版 1990
  • 『死の文化誌 心性・習俗・社会』江川温共編 昭和堂 2002
  • 『思想の身体 死の巻』 春秋社 2006
  • 『狩猟と供犠の文化誌』三浦佑之赤坂憲雄共編 森話社(叢書・文化学の越境) 2007
  • 『自然葬と世界の宗教』安田睦彦共編 凱風社 2008
  • 『日本文化論キーワード』遠山淳佐藤弘夫共編 有斐閣双書 2009
  • 『人と動物の日本史 4 信仰のなかの動物たち』三浦佑之共編 吉川弘文館 2009

論文[編集]

脚注[編集]