佐藤弘夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 弘夫(さとう ひろお、1953年(昭和28年)5月2日- )は、日本の歴史学者宗教学者思想史家東北大学教授

宮城県生まれ。東北大学文学部史学科卒。1978年同大学院文学研究科博士前期課程修了。盛岡大学講師、助教授、東北大学文学部助教授、文学研究科教授。2000年「神・仏・王権の中世」で東北大学博士(文学)。日本宗教史[1]

著書[編集]

訳注[編集]

共編著[編集]

  • 『日蓮大聖人の思想と生涯』小林正博小島信泰共著、第三文明社、1997
  • 『日蓮大聖人の生涯を歩く』小林正博、小島信泰共著、第三文明社、1999
  • 『概説日本思想史』編集委員代表、ミネルヴァ書房、2005
  • 『日本文化論キーワード』遠山淳中村生雄共編、有斐閣双書、2009
  • 『新アジア仏教史 日本』(11-15)、佼成出版社、2010-11、編集協力
  • 『日本思想史講座』全5巻 苅部直黒住真末木文美士田尻祐一郎と編集委員、ぺりかん社、2012−15
  • 『岩波講座 日本の思想』全8巻、苅部直、黒住真、末木文美士と編集委員、岩波書店、2013-14
  • 『春の消息』柳美里と、宍戸清孝・写真、第三文明社、2017
  • 『〈死者/生者〉論 傾聴・鎮魂・翻訳』鈴木岩弓・磯前順一共編、ぺりかん社、2018

論文[編集]

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年