中村征夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中村征夫
生誕 1945年7月1日
国籍 日本の旗 日本
公式サイト www.squall.co.jp

中村 征夫(なかむら いくお、1945年7月1日 - )は、日本の写真家。息子の中村卓哉も写真家。娘の中村珠央はエッセイスト。

人物[編集]

秋田県潟上市(出生時:南秋田郡昭和町)出身。秋田市立高等学校(現秋田県立秋田中央高等学校)卒業。

水中写真の第一人者で報道写真家でもある。20歳のときに独学で写真術を身につけ、以後専門誌のフォトグラファーを経てフリーとなる。環境問題や水中写真に関する著書・写真集など多数。また、テレビコマーシャルも数多く手掛けている。

作家椎名誠とは、ともにトークライブを開催するなど縁が深い。中村の写真集『白保SHIRAHO』を原案とした映画『うみそらさんごのいいつたえ』では撮影に全面的に参加している。

東京湾の撮影を35年間続けている。

また、1993年、取材先の奥尻島北海道南西沖地震に遭遇、滞在していた島南部の青苗地区が火災と津波で壊滅するも避難に成功、九死に一生を得る。機材の全てを流されて裸足で避難したが、唯一持っていたモーターマリンで、災害直後の奥尻島の惨状を撮影。その写真は共同通信社から世界中に配信され、世界中の新聞に掲載された。

また、石垣島白保地区でのアオサンゴ大群落を、モノクロ写真で撮影した写真(写真集『白保 SHIRAHO』収録)が大きな反響を呼ぶ。この写真集に後押しされる形で、同白保地区に海底を埋め立てて建設予定だった石垣島新空港計画が、白紙撤回されたことがある。

主な作品[編集]

写真集[編集]

  • 『海中顔面博覧会』(情報センター出版局)
  • 『白保SHIRAHO』(情報センター出版局)
  • 『カムイの海』(朝日新聞社)
  • 『海のなかへ』(小学館)
  • 『熱帯夜』(小学館)
  • 『沖縄珊瑚海道』(アスペクト)
  • 『水中の賢者たち』(ホーム社)
  • 『海中2万7000時間の旅』(講談社)
  • 『ジープ島』(三五館)
  • 『命めぐる海』(クレヴィス)
  • 『ガラパゴス』(新日本出版社)
  • 『世界一の珊瑚礁〜レディエリオット島・オーストラリア』(クレヴィス)
  • 『海への旅』(クレヴィス)

フォトルポルタージュ[編集]

  • 『全・東京湾』(情報センター出版局)

受賞・受章歴[編集]

  • 1988年
  • 1994年
  • 1996年
    • 第12回東川写真賞特別賞 - 『カムイの海』
    • 日本産業文化映像祭第1位 - ビデオ『カムイの海』(SME・ビジュアルワークス)
    • 第9回文化庁芸術作品賞 - ドキュメンタリー『鎮魂奥尻・水中写真家 中村征夫の証言』(NHKラジオ
    • 新聞広告賞 - メルセデス・ベンツ「カエルウオ編」
    • 朝日広告賞 - メルセデス・ベンツ「カエルウオ編」
  • 1997年
  • 2007年
    • 秋田県文化功労者受章
    • 2007年度日本写真協会年度賞
    • 第26回土門拳賞 - 『海中2万7000時間の旅』、写真展『海中2万7000時間の旅』(東京都写真美術館)
  • 2008年
    • 秋田県潟上市名誉市民章

外部リンク[編集]