中村智子 (評論家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 智子(なかむら ともこ、1929年11月7日 - )は、日本の編集者、評論家

東京生まれ[1]。1952年日本女子大学英文科卒業、中央公論社に入社[1]。「婦人公論」「思想の科学」「中央公論」編集部に属し、のち書籍編集者となり、1978年に退社[1]東京大学新聞研究所講師をつとめた[1]

思想の科学研究会会員、離婚後、評論活動を始める。小田切秀雄に師事し、宮本百合子の伝記を描いた。

著書[編集]

  • 『宮本百合子』筑摩書房 1973
  • 『『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史』田畑書店、1976年。 
  • 横浜事件の人びと』田畑書店 1979
  • 『女の立場から医療を問う 子宮をとりたがる産婦人科医たち』田畑書店 1984
  • 『人間・野上弥生子 『野上弥生子日記』から』思想の科学社 1994
  • 『百合子めぐり』未來社 1998
  • 『戦争しない国 戦後民主主義に生きて』思想の科学社 2007

参考[編集]

  • 『宮本百合子』著者紹介
  • 『文藝年鑑』2007 

脚注[編集]

[脚注の使い方]