中村孝次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中村孝次郎

中村 孝次郎(なかむら こうじろう、1891年明治24年)5月28日[1] - 1968年昭和43年)11月17日[2][3])は、日本大蔵官僚

経歴[編集]

長野県上水内郡の松本家に生まれ、中村みねの養子となった[1]1917年大正6年)、東京帝国大学法学部英法科を卒業し、同年に高等文官試験に合格[1]。大蔵属、副司税官、品川税務署長、税関事務官大阪税関監視部長・総務課長、横浜税関総務課長、門司税関監視部長・総務課長を務めた[1]1933年(昭和8年)、関東庁事務官となり、財務局経理課長、財務課長を歴任[1]。さらに札幌税務監督局長、神戸税関長、大蔵省為替局長、同資金局長を務めた[4]

退官後、北支那開発株式会社理事・経理部長[4]、同副総裁を歴任した。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 日本官界名鑑 1936.
  2. ^ 「中村 孝次郎氏(元北支開発副総裁)」『読売新聞』、1968年11月18日、15面。
  3. ^ 「中村 孝次郎氏(弁護士、元北支那開発株式会社副総裁)」『毎日新聞』、1968年11月18日、15面。
  4. ^ a b c 人事興信録 1943.

参考文献[編集]

  • 日本官界情報社編『日本官界名鑑 昭和十二年版』日本官界情報社、1937年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版(下)』人事興信所、1943年。