中村五木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村 五木
なかむら いつき
生年月日 1949年10月30日
出生地 日本の旗 日本 熊本県球磨郡五木村
没年月日 (2020-12-31) 2020年12月31日(71歳没)
死没地 日本の旗 日本 熊本県天草市
出身校 熊本県立牛深高等学校
前職 地方公務員牛深市
天草市議会議員
所属政党 無所属
称号 正五位
旭日小綬章

当選回数 2回
在任期間 2014年4月11日 - 2020年12月31日

Flag of Amakusa, Kumamoto.svg 熊本県天草市議会議員
当選回数 2回
在任期間 2006年4月23日 - 2013年12月

熊本県牛深市議会議員
当選回数 5回
在任期間 1986年7月 - 2006年3月26日
テンプレートを表示

中村 五木(なかむら いつき、1949年昭和24年)10月30日[1] - 2020年令和2年)12月31日)は、日本政治家熊本県天草市長(2期)、天草市議会議員(2期)、牛深市議会議員(5期)などを務めた。

来歴[編集]

熊本県球磨郡五木村出身。1968年(昭和43年)3月に熊本県立牛深高等学校を卒業したのち、牛深市役所に入所[2]

1986年(昭和61年)7月、牛深市議会議員に就任。計5回当選。

2006年(平成18年)3月27日、牛深市は、本渡市天草郡有明町御所浦町倉岳町栖本町新和町五和町天草町および河浦町合併し廃止。天草市が誕生する。同年4月23日に行われた天草市議会議員選挙に立候補し当選。2010年(平成22年)3月28日の同議会議員選挙で2選。2013年(平成25年)12月、市議を辞職[3]

2014年(平成26年)3月23日に行われた天草市長選挙に無所属で立候補。現職の安田公寛市長を僅差で破り初当選した[4]。4月11日、市長就任[5]。選挙の結果は以下のとおり。

※当日有権者数:73,278人 最終投票率:78.32%(前回比:-0.22pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
中村五木64無所属28,828票50.77%
安田公寛64無所属27,958票49.23%

2018年(平成30年)3月、無投票により再選[6]

2020年(令和2年)12月30日、自宅で片付けをしている際に胸の痛みを訴え、天草市内の医療機関に救急搬送。その後さらに天草地域医療センターに搬送されたが、翌12月31日、急性心筋梗塞のため死去[7][8]。71歳没。死没日をもって正五位叙位、旭日小綬章追贈[9]馬場昭治が市長選挙で初当選するまで、同市副市長の金子邦彦が市長職務代理者を務めた(地方自治法第152条第1項による)[8]

政策・主張[編集]

  • くまもとアートポリス事業での本庁舎建設を取りやめ、必要最小限の規模で本庁舎を建設する[10]
  • 市長の給与を30%、退職金を2,088万円削減する[10]
  • 観光拠点イルカセンター(仮称)の建設、「道の駅」登録を推進する[10]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『全国歴代知事・市長総覧』日外アソシエーツ、2022年、415頁。
  2. ^ 市長プロフィール / 天草市
  3. ^ “選挙:天草市長選 中村市議出馬へ /熊本”. 毎日新聞. (2013年12月10日). http://senkyo.mainichi.jp/news/20131210ddlk43010446000c.html 2015年6月9日閲覧。 
  4. ^ 選挙:天草市長選/天草市議選 市長選、中村さん初当選 一夜明け抱負「変えるべき点は改革」 /熊本”. 毎日新聞 (2014年3月25日). 2015年6月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月31日閲覧。
  5. ^ 市町村長・議員の任期満了日等に関する調べ(H27.3.2現在の表)
  6. ^ 現職・中村氏が無投票再選 天草市長選 (熊本日日新聞 2018年3月23日) - ウェイバックマシン(2018年3月23日アーカイブ分)
  7. ^ “<速報>中村五木天草市長が死去”. 熊本日日新聞. (2020年12月30日). https://kumanichi.com/news/id47255 2020年12月30日閲覧。 
  8. ^ a b 天草市中村五木市長の死去について”. 天草市 (2020年12月31日). 2020年12月31日閲覧。
  9. ^ 『官報』第426号12頁 令和3年2月4日号
  10. ^ a b c 天草市 中村五木 » 政策

外部リンク[編集]

公職
先代
安田公寛
Flag of Amakusa, Kumamoto.svg熊本県天草市長
2014年 - 2020年
次代
馬場昭治