中市館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

中市館(なかいちだて)は、 青森県三戸郡五戸町に所在した日本の城

概要[編集]

中市館は、陸奥国三戸郡中市村に所在した。城跡は五戸川右岸に面した丘陵地に所在[1]。館跡は旧状のまま残り、山林となっている。

五戸川の中流に位置する奥羽山脈の東に丘陵地が続く、石沢と又重に挟まれた交易の市に由来する[2]。北と西は五戸川に臨み、東西100m、南北200m、南方丘陵に幅20m、深さ4~5mの空堀が2本、先端部に二重掘が見られる。

歴史・沿革[編集]

戦国期には三戸南部氏の支配下にあり、中市館には中市氏が居たという。 中市氏は、小笠原常西を祖とする櫛引兵庫の次男 武常が中市村を領し、在名により氏とした[3]

天正20年(1592年)の諸城破却書上には、「中市 平城 破 小笠原 弥九郎 持分」とあり城は破却された。

脚注[編集]

参考資料[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 『角川日本地名大辞典 2 青森県』 角川書店、1985年12月1日ISBN 4-04-001020-5
  • 『南部藩 参考諸家系図』 国書刊行会。

関連項目[編集]