中島啓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中島 啓(なかじま ひらく、1962年11月30日 - )は日本数学者京都大学数理解析研究所教授。専門は表現論複素幾何学

人物[編集]

神奈川県横浜市中区出身。麻布高等学校卒、東京大学卒(1985年)。同大学院修士課程修了(1987年)。博士号取得(1991年)。東大助手東北大学助教授、東大助教授、京大助教授を経て現職。2000年度日本数学会賞春季賞をはじめ、2003年度 Cole Prize in Algebra, 第2回日本学術振興会賞, 第104回日本学士院賞など数学界にとって重要な賞を数多く受賞している。

東大における指導教官は落合卓四郎

業績に箙多様体の構成、柏原予想の部分的解決、対称カルタン行列カッツ・ムーディー代数ADHM法のALEへの拡張、ヒルベルトスキームホモロジー群ハイゼンベルク代数の表現論、ルスティック予想の解決、ネクラソフ予想の解決等がある。

エピソード[編集]

小学生の時、四谷大塚の一般の日曜テストで何度もトップに名を重ねていた。東大の河東泰之や埼玉大の海老原円も同期の数学者で、四谷大塚の日曜テストでは上位の常連だった。

受賞歴 講演[編集]

著作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]