中島勝敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中島 勝敬(なかじま まさよし、1938年2月4日[1] - )は、日本の政治家。元群馬県館林市長(3期)、群馬県議会議員(3期)、館林市議会議員(5期)。

経歴[編集]

群馬県館林市出身。館林市議会議員を5期務めた後、群馬県議会議員選挙に立候補して初当選。

県議3期目の任期中に辞職し、1997年の館林市長選挙に出馬して初当選。2001年の市長選では無投票で再選。2005年の市長選では、自民党社民党公明党の推薦を受け、針谷進を退けて3回目の当選を果たした。

2007年、持病の糖尿病が悪化。視力低下など、市政執行が困難となったことから同年2月に田村英敏を市長職務代理者に指名し入院。その後、辞任を表明。中島の辞任に伴い、県議会議員だった安楽岡一雄が市長選への立候補を表明。無投票当選を果たした。

市長在任中は、2006年の昭島市との災害時相互応援協定締結、六市自転車競走組合管理者として前橋競輪からの撤退を決断するなどの功績を残した。

ほかに、邑楽館林医療事務組合管理者、館林消防組合管理者、群馬県ボート協会副会長、財団法人群馬県防犯協会理事、群馬県土地改良事業団体連合会副会長理事、赤郷台地土地改良区理事長、群馬県土地改良事業団体連合会館林支部長、館林ジュニアオーケストラ顧問、財団法人館林交通安全教育協議会理事長、館林市総合地方卸売市場社長、六市自転車競走組合管理者などの要職を歴任した。

脚注[編集]

先代:
山本達司
Flag of Tatebayashi Gunma.JPG 群馬県館林市長
1997年 - 2007年
次代:
安楽岡一雄