中央ギリシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中央ギリシャ地方
Περιφέρεια Στερεάς Ελλάδας
ギリシャにおける中央ギリシャ地方の位置
ギリシャの旗 ギリシャ
首府 ラミア
所属県 ヴィオティア
エヴィア
エブリタニア
フォキス
フシオティザ
知事 パンテリス・スリアス
人口 614,614人 (2005年現在)
面積 15,549 km² (6,004 sq.mi.)
人口密度 40人/km² (102人/sq.mi.)
公式サイト www.stereaellada.gr

中央ギリシャ(ちゅうおうギリシャ、Στερεά Ελλάδα / Stereá Elláda)は、ギリシャ中部を指す地域名称(地理的な地方)であり、またギリシャ共和国の広域自治体であるペリフェリア(地方)のひとつである。ペリフェリアの首府はラミア

地理的な地方としての「中央ギリシャ」 (Central Greeceは、ペリフェリアとしての中央ギリシャ地方 (Central Greece (region)よりも広い範囲を指し、アテネを含むアッティカ地方や、イオニア海に面したエトリア=アカルナニア県西ギリシャ地方)も含んでいる。

名称[編集]

ステレア・エラダΣτερεά Ελλάδα / Stereá Elláda)、あるいはカサレヴサ(共通文語)でステレア・エラスΣτερεά Ελλάς / Stereá Ellás)は、英語で Continental Greece あるいは Mainland Greece にあたる意味の言葉であり、日本語で「大陸ギリシャ」や「ギリシャ本土」などの表記が行われることもある。この場合の「ギリシャ本土」は、ペロポネソス半島と対比した表現である(島嶼部と対比した「ギリシャ本土」という用法とは異なる)。

地域名称としては英語の Central Greece にあたる Κεντρική Ελλάδα / Kentrikí Elláda も用いられることがある。古くは Χέρσος Ελλάς / Chérsos Ellás とも呼ばれた。

また、この地域を指す言葉としてはルメリΡούμελη / Roúmeli)がある。ルメリは本来さらに広い範囲を指す概念であったが、「ペロポネソス」(モレア)との対比で「中央ギリシャ」がルメリと呼ばれるようになった。

地理[編集]

地理的地方としての「中央ギリシャ」

位置[編集]

現行の行政区画(ペリフェリア)としての中央ギリシャ地方Περιφέρεια Στερεάς Ελλάδας)は、地理的な「中央ギリシャ」の東側を占める。北はテッサリア地方に、東南はアッティカ地方に、西は西ギリシャ地方(エトリア=アカルナニア県)に接しており、南に面したコリント湾を挟んで、ペロポネソス地方(ペロポネソス半島)と向き合っている。東はエーゲ海に面し、ギリシャ第二の大きさを持つ島であるエヴィア島(古名: エウボイア島)をその領域に含む。面積は15,549 km2、人口は605,329 人(2001年)。

1987年まで行政区画としても用いられた、地理的な地方としての「中央ギリシャ」は、アテネ首都圏を含み、西はイオニア海に至る。面積は 24,818.3 km2、人口は 4,591,568人(2001年)。1832年に独立した当時のギリシャの国土は、地理的な「中央ギリシャ」と「ペロポネソス」、およびいくつかの島から成っていた。

地勢[編集]

ピンドゥス山脈と「中央ギリシャ」の山々

ペリフェリアの西部から中部は、アルバニア国境付近から続くピンドス山脈英語版(ピンドゥス山脈)が走っており、ギリシャでは最も山地の占める割合の多い地方である。ギリシャ第5位の高さを持つギオナ山英語版Γκιώνα、2,510m)のほか、ヴァルドゥシア山英語版Βαρδούσια、2,495m)、パルナッソス山(2,457m)、ティムフリストス山英語版Τυμφρηστός、2,315m)、イティ山英語版Οίτη、2,152m)がある。

主要な川にはスペルヒオス川英語版Σπερχειός)やモルノス川英語版Μόρνος)がある。モルノス川のモルノス貯水池は、地域の水がめとなっている。

ギオナ山 
ヴァルドゥシア山 
モルノス貯水池 

気候[編集]

気候は地中海性気候の内陸部の特徴を示し乾燥した気候である。

主要な都市[編集]

1万人以上の都市には以下がある。

  • ハルキダ (エヴィア県ハルキダ市) - 53,584人
  • ラミア (フティオティダ県ラミア市) - 46,406人
  • ティーヴァ (ヴィオティア県ティーヴァ市) - 21,211人
  • リヴァディア (ヴィオティア県リヴァディア市) - 20,061人

中央ギリシャ地方最大の町は、エウボイア島にあるハルキダである。ペリフェリアの首府で北部に位置するラミアがこれに次ぐ。

ラミア 
ハルキダ 
リヴァディア 

行政区画[編集]

県(ペリフェリアキ・エノティタ)[編集]

中央ギリシャ地方は、以下の5つの行政区(ペリフェリアキ・エノティタ)から構成されている。これらの地区は、カリクラティス改革(2011年1月施行)以前は自治体としての県(ノモス)であった。人口は2001年の国勢調査による。

行政区名 綴り 政庁所在地 面積 Km² 人口
1 エヴィア Εύβοια ハルキダ 4,167 198,130
2 エヴリタニア Ευρυτανία カルペニシ 1,869 32,053
3 フォキダ Φωκίδα アンフィサ 2,120 48,284
4 フティオティダ Φθιώτιδα ラミア 4,441 178,771
5 ヴィオティア Βοιωτία リヴァディア 2,952 131,085

市(ディモス)[編集]

中央ギリシャ地方には、基礎自治体である市(ディモス)が25ある。

参考文献[編集]

[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯38度35分 東経22度40分 / 北緯38.583度 東経22.667度 / 38.583; 22.667