ギリシャの地理的区分

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ギリシャ共和国で用いられる地方区分方法のひとつに、地理的な地方ギリシア語: Γεωγραφικά διαμερίσματα / geografiká diamerísmata)がある。

地理的区分による「地方」(διαμερίσματα / diamerísmata)は現在の領土を以下の9つに分けるもので、かつては行政区画として用いられた。1982年以降、広域行政区画としてはペリフェリア(περιφέρεια / periféria)が用いられているが、地理的な「地方」(ディアメリスマタ)も地域名称として用いられることがある。

ギリシャ全土を9つに分ける地理的地方区分

ディアメリスマタとペリフェリアは、同じ名称を持ちながら異なる範囲を指し示すことがある。ディアメリスマタを「地方」や「州」(英語region)と訳すこともあるが、ペリフェリアも同様に「地方」や「州」(region)と訳されることがあるので、注意が必要である。

独立当初のギリシャは、中央ギリシャペロポネソスエーゲ海諸島の一部のみを国土としていたが、ギリシャの領土拡大とともに「地方」は増え、1920年代には9つとなった。

行政区画としては中央ギリシャからアッティカが分けられた時期があり、その間は10となる[1]

「地方」と県(ノモス)[編集]

かつて用いられた「地理的な地方」、カリクラティス改革(2011年1月施行)まで広域自治体であったノモス(県)、「地理的な地域」に代わる広域行政区画であるペリフェリアを示す。

なお、カリクラティス改革に際してペリフェリアが自治体となってノモスは廃止され、ノモスに代わって行政区(ペリフェリアキ・エノティタ)が設置された。ペリフェリアキ・エノティタの多くはかつてのノモスの範囲を継承しており、そのまま「県」とも訳される。

地理的な地方 ノモス ペリフェリア
Thracians Greece-Western.png トラキア英語版 クサンティ県 東マケドニア・トラキア GreeceEastMacedoniaThrace.png
ロドピ県
エヴロス県
PosGreekMacedonia.png マケドニア ドラマ県
カヴァラ県
ハルキディキ県 中央マケドニア GreeceCentralMacedonia.png
イマティア県
キルキス県
ペラ県
ピエリア県
セレス県
テッサロニキ県
フロリナ県 西マケドニア GreeceWestMacedonia.png
グレヴェナ県
カストリア県
コザニ県
GreeceThessaly.png テッサリア ラリサ県 テッサリア GreeceThessaly.png
カルディツァ県
マグニシア県
トリカラ県
GreeceEpirus.png イピロス ヨアニナ県 イピロス GreeceEpirus.png
アルタ県
プレヴェザ県
テスプロティア県
GreeceCenGreece.png 中央ギリシャ アッティカ県 アッティカ GreeceAttica.png
エヴィア県 中央ギリシャ GreeceCentral.png
エヴリタニア県
フォキダ県
フシオティダ県
ヴィオティア県
エトリア=アカルナニア県 西ギリシャ GreeceWest.png
Peloponnes.png ペロポネソス アハイア県
イリア県
アルカディア ペロポネソス GreecePeloponnesus.png
アルゴリダ県
コリンティア県
ラコニア県
メッシニア県
エーゲ海諸島 ヒオス県 北エーゲ GreeceNorthAegean.png
レスヴォス県
サモス県
キクラデス県 南エーゲ GreeceSouthAegean.png
ドデカネス県
GreeceIonianIslands corrected.png イオニア諸島 コルフ県 イオニア諸島 GreeceIonianIslands.png
ケファロニア=イタキ県
レフカダ県
ザキントス県
GreeceCrete.png クレタ ハニア県 クレタ GreeceCrete.png
イラクリオン県
ラシティ県
レティムノ県

脚注[編集]

  1. ^ See the map of the National Statistical Service of Greece / NSSG (Εθνική Στατιστική Υπηρεσία Ελλάδος / ΕΣΥΕ). ([1])

関連項目[編集]