中塚栄次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

中塚 栄次郎(中塚 榮次郎、なかつか えいじろう 、1874年12月17日 - 没年不詳)は、日本実業家政治家

栃木県安蘇郡新合村山形(現佐野市山形町)出身。渡米しコロンビア大学を卒業。帰国後、英文雑誌『ジャパン・マガジーン』社長となった。1925年-1959年東京市会議員・東京都議会議員[1]

1952年8月9日、都議会オリンピック招致実行委員会委員長に選任された[2]

東京都教育委員会初代委員長、東京倉庫運輸顧問、東京オリンピック大会組織委員会嘱託を歴任した[1]

著書に『欧米の物心両面に触れて』(ジャパン・マガジーン社、1939年)がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 主な奨学生 公益財団法人三好園
  2. ^ 朝日新聞』1952年8月10日付朝刊4面