下田館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

下田館(しもたたて)は、岩手県盛岡市下田に所在した日本の城

沿革[編集]

築城時期は不明。陸奥国岩手郡玉山村に所在した。館主は陸奥国岩手郡斯波郡地頭河村秀清を祖とする庶子家下田弥三郎秀祐といわれ、天正19年(1591年)の九戸政実の乱では南部信直方に与した。

館跡は北上川沿いの河岸段丘上にある[1]全体の規模は東西150mx南北200mで、堀を隔てて南北の郭に分かれている。さらに郭の西から南側にかけての生山川を隔てて広がる台地を陣馬平といい、台地の東側段丘に空堀をめぐらした出城があった。

天正20年(1592年)、「諸城破却書上」には「岩手郡之内 下田 平城 破 川村 中務 持分」とあり、破却された。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 児玉 幸阿・坪井 清足 『日本城郭大系 第2巻 青森・岩手・秋田』 新人物往来社、1980年7月15日

関連項目[編集]