上野加代子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上野 加代子(うえの かよこ、1957年 - )は、日本の社会学者徳島大学教授。 1980年関西大学社会学部社会学科卒業、1989年大阪市立大学大学院生活科学科生活福祉学(家族社会学専攻)後期博士課程単位修得満期退学、1992年聖カタリナ女子大学社会福祉学部講師、1999年武庫川女子大学文学部人間関係科学科助教授、徳島大学総合科学部教授、同ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部教授を経て,東京女子大学現代教養学部教授。2004年「児童虐待問題の社会学的研究」で博士(学術)大阪府立大学) 。

著書[編集]

  • 『児童虐待の社会学』世界思想社、1996
  • 『国境を越えるアジアの家事労働者 女性たちの生活戦略』世界思想社、2011

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • レスリー・マーゴリン『ソーシャルワークの社会的構築 優しさの名のもとに』中河伸俊、足立佳美共訳 明石書店 明石ライブラリー、2003

参考[編集]