上杉勝熙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
上杉勝熙
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦10年2月24日1760年4月9日
死没 文化4年2月24日1807年4月1日
別名 通称:相模
主君 上杉治憲治広
出羽米沢藩
氏族 上杉氏畠山氏
父母 父:上杉重定、母:於勢の方(小川氏)
兄弟 女子、幸姫(上杉治憲正室)、勝熙
治広、勝定内藤信政
養兄弟:上杉治憲
側室:高田氏
斉定、男子2人、勝義、女子2人

上杉 勝煕(うえすぎ かつひろ)は、江戸時代中期から後期にかけての武士出羽国米沢藩8代藩主・上杉重定の長男。

経歴[編集]

宝暦10年(1760年、8代藩主・上杉重定の長男として米沢にて誕生するが、既に内約が進み、庶子であったので、同年に上杉治憲が上杉重定の養子になった。このため、治憲の養弟と『寛政重修諸家譜』では扱われている。

勝煕は後に畠山氏を称するが、『寛政重修諸家譜』や武鑑などでは全く触れられていないことからも分かるように、米沢藩以外では公表されていないため、藩外ではあまり知られていない[1]また、勝煕の家系は「彌五郎様家」と呼ばれており、これは上杉謙信の養子となった能登畠山氏の畠山義春やその子景広の通称である「彌五郎」と共通であることから、この名跡を継いだと考えることができる。

勝煕は文化4年(1807年)まで生存していたが、天明2年(1782年)に治憲は勝煕の同母弟である勝意(後の治広)[2]を養子とし、勝煕が米沢藩主になることはなかった。しかし、治憲の実子・顕孝と寛之助、治広の子・久千代が早世し男系が絶えたのと対照的に、勝煕の子である斉定勝義が米沢藩主や支藩の米沢新田藩主を継ぎ、以後この両家は廃藩置県の後に至るまで勝煕の血筋で続くこととなる。

脚注[編集]

  1. ^ 畠山氏を称したという史実は、横山昭男の「上杉鷹山」の4ページに『勝煕(のちに畠山氏を名乗る)』との記述があることより確認できる。治憲との関わりが薄いこともあり、同書でも上記以外の説明はない。
  2. ^ 『寛政重修諸家譜』参照

参考文献[編集]

  • 【二次史料】
    • 『三百藩藩主人名辞典』一
    • 横山昭男『上杉鷹山』吉川弘文館
  • 【一次史料】
    • 『上杉家御家譜』
    • 『米沢市史』
    • 『寛政重修諸家譜』