上ナイル州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上ナイル州

أعالي النيل
Upper Nile
Sobat.jpg
上ナイル州の旗
上ナイル州の位置
上ナイル州の位置
北緯9度46分 東経32度44分 / 北緯9.767度 東経32.733度 / 9.767; 32.733座標: 北緯9度46分 東経32度44分 / 北緯9.767度 東経32.733度 / 9.767; 32.733
南スーダンの旗 南スーダン
地方 上ナイル地方
州都 マラカル
行政
 • 知事 Simon Kun Puoch[1]
面積
 • 合計 77,823.42km2
人口
(2008年)
 • 合計 964,353人
等時帯 UTC+3 (EAT)

上ナイル州(かみナイルしゅう、英語: Upper Nileアラビア語: الوحدة‎)は、南スーダンの州。州都はマラカル

歴史[編集]

州の中央部に位置するコドク英語版(旧ファショダ)はシルック人の伝統的王都であり、19世紀末のアフリカ分割時にはこの地にて1898年に北から進出してきたイギリス軍と西から進出してきたフランス軍が衝突し、ファショダ事件が勃発した。

2006年マラカルの戦い英語版

2007年スーダン洪水英語版

2009年ナシール郡英語版en:Jikany Nuer族とロウ・ヌエル族の間でソバト川の戦い英語版

南スーダン独立後には、過去に表面化しなかった民族対立が顕在化。隣接するジョングレイ州に居住するムルレ族英語版ウシを巡って各族を襲撃するようになり、2013年3月9日には、上ナイル側に居住するロウ・ヌエル族も被害にあった。約300人の住民が拉致されたほか、約10万頭の牛を盗まれている[2]

地理[編集]

南スーダン最北の州であり、北をスーダンと、東をエチオピアと接する。ユニティ州およびジョングレイ州とともに上ナイル地方を構成する。

州の西部を白ナイル川が南北に貫流しており、州名の由来となっている。

行政区分[編集]

上ナイル州は、13の郡からなる[3]

  1. バリート郡英語版
  2. ファショダ郡英語版
  3. ロンジチュク郡英語版
  4. マバン郡英語版
  5. マラカル郡英語版
  6. マンヨ郡英語版
  7. マイゥート郡英語版
  8. メルート郡英語版
  9. ナシール郡英語版
  10. パンイカン郡英語版
  11. レンク郡英語版
  12. ウラング郡英語版
  13. アコーカ郡(Akoka County

脚注[編集]

  1. ^ Upper Nile State. Gurtong. Retrieved July 18, 2011
  2. ^ “南スーダンで家畜めぐる民族衝突、200人以上死亡か”. AFPBB News (フランス通信社). (2013年3月13日). http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2864940/8635373 2013年4月13日閲覧。 
  3. ^ | Upper Nile. UNHCR, South Sudan. Retrieved July 18, 2011