三田了一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
三田 了一
人物情報
生誕 1892年12月19日
日本の旗 日本 山口県下関市
死没 (1983-05-29) 1983年5月29日(90歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 山口高等商業学校(現・山口大学経済学部)
学問
活動地域 関西学院大学
北九州大学
イスラム・センター・ジャパン
研究分野 宗教
イスラム教
中国語
称号 日本ムスリム協会(JMA)2代目会長
主な業績 ムスリムの手による初めてのクルアーン(コーラン)日本語訳を出版(1982年改訂版出版)
主要な作品 『聖クルアーン―日亜対訳・注解』(改訂版) 日本ムスリム協会、1982年)
学会 中国回教総連合会
日本ムスリム協会(JMA)
脚注
ムスリム名はウマル
テンプレートを表示

三田 了一(みた りょういち、1892年12月19日 - 1983年5月29日)は、日本昭和期に活動したムスリム(イスラム教徒)であり、指導者。宗教家。ムスリム名はウマル山口県下関市の出身。イスラム・センター・ジャパン顧問関西学院大学北九州大学中国語講師

特筆すべき活動[編集]

1972年に、ムスリムの手による初めてのクルアーン(コーラン)日本語訳を出版(1982年改訂版出版)したことで知られる。この翻訳は、世界初の公認翻訳として承認されている[1]

来歴・人物[編集]

1892年山口県下関市に生まれ、1916年山口高等商業学校(現・山口大学経済学部)を卒業。その後、南満州鉄道に就職して中国大陸に渡り、現地のムスリムとの交流を経てイスラム教へ改宗する。1941年中国回教総連合会の主席顧問となる。

終戦後
宗教家としての活動

著書[編集]

翻訳[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]