三田了一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三田 了一(みた りょういち、1892年12月19日 - 1983年5月29日)は、日本昭和時代に活動したムスリム(イスラム教徒)であり、指導者。日本ムスリム協会(JMA)2代目会長。ムスリム名はウマル

1972年に、ムスリムの手による初めてのクルアーン(コーラン)日本語訳を出版(1982年改訂版出版)したことで知られる。この翻訳は、世界初の公認翻訳として承認されている[1]

生涯[編集]

1892年山口県下関市に生まれ、1916年山口高等商業学校(現・山口大学経済学部)を卒業する。

その後、南満州鉄道に就職して中国大陸に渡り、現地のムスリムとの交流を経てイスラム教へ改宗する。1941年中国回教総連合会の主席顧問となる。

1945年、終戦に伴い日本に帰国し、1951年まで、関西学院大学北九州大学の中国語講師として過ごす。

1957年パキスタンに渡り、現地のイスラム教活動に関わる。1958年ハッジ(巡礼)を行う。

1960年日本ムスリム協会(JMA)の初代会長であるサディーク・今泉の死去に伴い、2代目会長に就任[2]

1972年、ムスリムの手による初めてのクルアーン日本語訳を出版。1982年、改訂版出版。

1983年、死去。

著書[編集]

翻訳[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]