三宅晴輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三宅 晴輝(みやけ せいき、1896年3月4日1966年9月1日)は、実業家、経済評論家。

兵庫県出身。1919年早稲田大学商科卒。三菱商事をへて1924年東洋経済新報社の記者となり、電力部門を担当、松永安左エ門小林一三らの知遇を得た。1940年常務理事ののち退社。戦時中、九州の旅館で朝香宮の行状を女中に話したことが刑事に知れ、不敬罪で懲役1年半(執行猶予2年)の判決を受けた。戦後はNHK理事ののち1948年東宝取締役、東宝争議で退社。産経新聞論説委員、NHK放送審議会委員[1][2]日本エッセイスト・クラブ賞選考委員。

著書[編集]

  • 『新興コンツェルン読本 日窒日曹理研』日本コンツエルン全書 春秋社 1937
  • 『電力コンツェルン読本』日本コンツエルン全書 春秋社 1937
  • 『財界太平記』鱒書房 1952
  • 『経済天気図』要書房 1953
  • 『日本銀行』文芸春秋新社 1953
  • 『小林一三伝』東洋書館 日本財界人物伝全集 1954
  • 『松永安左エ門』一業一人伝 時事通信社 1961

共著編[編集]

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 日本人名大辞典
  2. ^ 20世紀日本人名事典