川西清兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川西 清兵衛(かわにし せいべえ、慶応元年7月18日1865年9月7日) - 昭和22年(1947年11月19日)は、日本の実業家川西財閥の創業者。

人物[編集]

慶応元年(1865年)大坂で生まれる。明治29年(1896年神戸の実業家27人を発起人として日本毛織を創立。明治32年(1899年加古川沿岸に工場を建設して毛布製造をはじめる。戦時景気で軍用毛布等の売上が伸び巨利を得た。明治40年(1907年兵庫電気軌道山陽電気鉄道の前身)を創業し、神戸明石姫路を結ぶ電気鉄道を開業。大正2年(1913年)日本毛糸紡績会社を設立、大正7年(1918年)日本毛織と合併。昭和毛糸紡績、共立モスリン、山陽皮革、神戸生糸など多数の関連企業を設立し、川西財閥を形成した。

一方で航空関連事業にも魅せられ、1917年(大正6年)、中島知久平が興した『飛行機研究所』(中島飛行機の前身)に出資。しかし金銭上のトラブルから出資を引き上げ、1920年(大正9年)に自前メーカーを目指して川西機械製作所を創業した。また、1923年(大正12年)国内で3番目の商業航空事業会社である日本航空株式会社を設立する。川西機械飛行機部は後に川西航空機(現・新明和工業)として独立した。

日本羊毛工業会会長、神戸商工会議所会頭をつとめた。

栄典[編集]

親族[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』号外、「授爵・叙任及辞令」1928年11月10日。

外部リンク[編集]